Pocket

 こんにちわ。トラジロウです。 

今朝、いつもの公園で、親友のゴン太に会ってきました。彼はこの公園のアイドルです。

たんなるノラ猫ですが、すごく人懐こくて、私の膝の上にも乗っかってきます。

ノラ猫なのにいつも誰かの膝の上に乗っかってます。そして食べ物をゲットしてます。

う~ん。。生きる術を知ってます。まあそんな計算してないんでしょうけど。。。

IMG_0321.JPG

スポンサーリンク




ここのところ、正規の転職活動が、まったく動いてません。。。

登録した転職サイトからも、ほとんどアクションがありません。。。

そんな中、平行して、知合いの建設会社や不動産会社と、うまくコラボレーション出来ないか打合せを重ねてきました。

しかし、実際には難しいということで、ペンディングとなってしまいました。

私の事も、よく知っていて、かつ、かなり評価してくれてはいるものの、じっさい給料、もしくは、
業務委託のような形態で、一部仕事を任されて、お金をもらうといったパターンなどを考えてみると。。。

例えば、WEBデザイナーや、プログラマーなどの人たちと違って、目に見える具体的な成果がわかり
にくいため、私の給料をどういう風に支払っていくかが難しかったということにあります。

今回声を掛けてくれた知合いの会社の社長たちは、何と言っても私の営業力に期待していたところが非常
に大きかったため、私が入れば何か大きな集客にもつなげてくれるのではと期待してくれていたようです。

確かに、私は過去に大きな会社で、建築技術職の経験を活かし、営業では、それなりの成果実績を残してきました。

すごく売っていても、みんなから滅茶苦茶嫌われている営業マンも結構いますが、
私は博愛主義で平和主義者のため、周りとの調和やコミニュケーションも大変良好なタイプだったと
自負しています。

スポンサーリンク




しかし、全ての営業マン(会社の経営者も含む)が常に、悩み、そして大きな壁としてぶち当たるのが、
<集客>です。

例えば、魚釣りの達人が、超高級な釣道具を持って望んでも、そもそも、そのステージが、
<魚がいない釣り堀>であったなら、何の成果も出せません。。。

私も、すでに用意された商談の段階で呼ばれれば、お客さんに対して良好なトークなり、コンサルが
出来ると思いますし、成果になる可能性もそこそこ高いと思います。

しかし、「お客さんを呼び込む」、「見込み客を発掘する」といいうことになると、正直どうしたら
良いか、わかりません。

もちろん飛込み訪問をするとか、電話をしまくるとか、そんな時代錯誤なプランはありえませんから
「合理的な手法で有効に見込み客を発掘」となると相当厳しいと思います。

そんなこんなで、こちらも正直に思いを伝えて、お互い納得の上、話は流れてしまいました。。。

これ以上、詳細を書いていくとキリがないので、この辺で終わらせて頂きます。

しかし、、、、なかなかうまく行かないもんですね。人生って。。。。

リクナビNEXT

スポンサーリンク




Pocket