Pocket

こんにちわ。トラジロウです

昨日はなぜか久しぶりに、ぐっすり眠れました。。。

IMG_2521.JPG

ハローワークに通うようになり、失業保険給付金で大ショックでした。

これからもらえる給付金の金額が、私の場合、160000円/月(概算)で約5か月支給とのことでした。

何がショックかというと、通常、支給額は、会社を辞める直近の6か月間の平均給与で算定されるのです。

しかし、私の場合、前職はコンサルティング営業でしたので、契約報奨金に大きく左右される給与形態でした。

スポンサーリンク




ちなみに、退社までの直近の給与は、ほとんど営業規定固定給与のみ(報奨金無)でしたので

12月給与 → 275000円
11月給与 → 275000円
10月給与 → 275000円
9月給与 → 275000円
8月給与 → 275000円
7月給与 → 275000円
6月給与 → 1476000円

という状況でした。。。

すなわち、直近6か月ですと、275000円しか平均でもらってないので、支給額が安くなってしまいます。

6月が運悪くといいますか、おしいことに1476000円でした。。。。。

これが仮に直近の6か月に入っていれば、平均額がグット上がるので220000円ほどの支給額になるということでした。。。

わずか一か月のズレで、最大で5か月以上支給される失業給付金の月額がおよそ6万円も違ってしまうのです。。。

さらに、余談ではありますが、私は前職は、正確には、9年8カ月在職しました。。。

しかし、これも仮には10年だったら、あと3か月ほど失業給付金の受給期間が多いそうです。。。

ホントに、、、何というか、、、ここ2,3年はズット何やってもついてません。。。。

大殺界か?天中殺か?、、、。

スポンサーリンク




よくわかりませんが、とにかく何をやってもダメです。。。

まるで、見えない糸で悪い方向へと導かれている感じです。。。

大ショックを受けた私は、さすがにハローワークの職員に、強く抗議しました。

「いや~。。。いくらなんでもツラすぎます!!酷すぎませんか?!何とか配慮してもらえませんでしょうか?」

、、しかし、、、。。。

「営業職の方は、報奨金等が大きいので、こういうケースは実際にございます。お気持ちはわかりますが規則で決っておりまして。。。大変申し訳ありませんが、どうすることも出来ません。。。」

と言われてしまいました。

あまりのハッキリとした態度に、これは覆りそうにない雰囲気だと悟り、やむを得ず諦めるしかありせんでした。。。

うーん。。。やはり、このところズットめちゃくちゃツイてないけど、相変わらず厳しい。。。

みなさんもレアケースではありますが、私みたいな営業系職種の方、くれぐれもお気を付けて。。。もうやだ〜(悲しい顔)

リクナビNEXT

スポンサーリンク




Pocket