Pocket

こんにちわ。トラジロウです!

先日の、一級建築士設計製図試験の衝撃から、まだ完全に立ち直っていませんが、、、。

明後日の日曜日は宅地建物取引士の試験があるので、そうも言ってられません。。。(^^;)


今回は、ハローワークに足を運んでの失業認定報告も、いよいよ先週で最後となったので、その時の報告をしたいと思います。(^_-)-☆

スポンサーリンク






過去のハローワーク関連の記事は、>>こちら をご覧ください。

当初、失業保険給付金がなかなか出ず。。(^^;)

私は、昨年末で、約10年勤めた一部上場の大手不動産会社を退職しました。

そして、まずは失業保険給付金の申請等をするために、ハローワークに行きました。

当初から覚悟はしていましたが、失業手当が出るのは、ナント5月以降ということを改めて知って仰天しました。。。

実際に、一回目の給付金が振り込まれたのは5月末でした。。。

要は、約5カ月間もの間、給付されない という訳です。。。

もちろん会社が倒産したり、他さまざまな規定と合致する人は、すぐに給付される場合もありますが、

私のような自己都合といった形での退職者は、このように、なかなか支給されない訳です。

一番痛かったのは、給付金の決定金額

記事でも書きましたが、、、、

失業給付金ってこれしかもらえないの? 

私は、その大手不動産会社の建設部門で、いわゆるハウスメーカーの営業的な仕事をしていましたので、

固定給部分が275,000円(額面)しかありませんでした。

そのかわり、全盛期は結構成績が良かったので、営業報奨金が一月平均で数十万円以上、

多い時はもっと、、、稼いでいた時もあったので問題ありませんでした。

しかし晩年は、退職を意識したことや、その他さまざまな諸事情により、ほぼ固定給のみの手取りで十数万円程度、、、、になっていました。

なんせ、、退職まで半年くらいは、契約を取ってませんでしたから。。。。(^^;)

失業保険の支給金額は、

勤続年数、年齢、過去遡って直近6カ月で得た収入の平均額

を主軸として決定されます。

私は、メチャクチャ運の悪いことに、直近6カ月は、基本給の275,000円の支給しかありませんでした。。。

さらに、私は厳密に言えば、9年8カ月と10年は働いていなかったので、

勤続10年以上と10年未満では失業手当支給期間等の査定が変わるため

こちらもまた非常に残念な結果となってしまいました。。。(T_T)

特に、悔しいのが、7カ月前の給料は営業報奨金があり、

総支給額1476000円

だったため、もしこれが直近6カ月の期間に入っていたら、

在籍時直近6カ月間の平均給与獲得額がかなり上がるので、一月当たりの支給額が、

6万円も違ったのです。。。

なので、私は5か月間、一月あたり16万円で総額80万円の支給でした。

しかし、もしギリギリこの147万円の給与が直近6カ月以内だったら

一月あたり22万円支給されたので、相当悔しい思いをしました。。。

ほんと、、、ここ2年くらいは何をやっても全くツイテないんです。。。(^^;)

失業手当をもらうための様々な規則が大変でした(^^;)

とにかく、ハローワークとしては、ナントか早く就職させたい訳です。

なので失業手当をもらってユックリされてしまったら困る、、、ということがあるのだと思いますが、

スポンサーリンク




バイトするにもいろいろと制約があります(一週間に20時間未満しか働けない、、とか、、)

詳細は、こちらの記事 をご覧ください。

なので、ナカナカ、仕事も満足に出来ず、、、労働に対する対価としてみられない投資(例えば株とかFX)や、WEB関連ビジネスなどの、失業保険給付金に影響しない仕事の強化をメインにしながら、細々と生活してきました。。。

FXや株や、家賃収入、印税などは、失業保険給付制度の観点では労働と見なさない為、これらで月100万円以上、仮に収入があったとしても、失業保険給付金は問題無く貰えるそうです。、、面白いですよね!?

まあ、、私の場合は、FXで当初、多少利益を出した程度なので、これらの事項とは、ほぼ関係無かったですけどね。(^-^)

失業保険給付金だけでは、当然生活出来ないので、わずかな貯金をすり減らして、あとは、超節約ドケチ生活をしながら、気が付けば何とかここまできました。。。(^^;)

ちなみに私が退職した事は、まだ家族に告白出来てません。。。(^^;)

失業認定申告書の記載項目は全て職業相談

失業保険給付金を受けている人は、4週間に一度、ハローワークに行って、

失業状態であることを証明する認定

を受けなければなりません。

上記のような、失業認定申告書に必要事項を記載して、毎回提出します。

ポイントは、私が手書きで記載していますが、

求職活動の内容に注意が必要です。

失業保険受給者は、就職する意志も体力もあるのが前提ですから、

一月に最低2回以上、何らかの求職活動をしなければなりません。

内容は、企業との面談面接などがありますが、万が一、

失業認定申告書の虚偽記載

が発覚すると、給付金を止められるだけでは無く、罰則を受けることにもなるので注意が必要です。

結構、安易に考えている人が多く、実際には行ってもいないのに、

○○建設株式会社にて、部長面接、、、、

などと、適当に書いて申告すると、、どこから調べたのか⁈以外にバレてしまって、大変なことになったりするようです。(~_~;)

今回最後の職業相談の担当者は、50代くらいの男性職員で、開始3分位で、

「 まあ、、こうやって相談に来てるんで、今回のハンコウは押せますので、これで大丈夫ですね?」

、、、、と、あたかも、求職活動を一回したことにするために、この窓口に来たんでしょ?

と言わんばかりに、露骨な対応で、締めくくられてしまいました。。。(^^;)

まあ、、実際、その通りなんですが、私としては、ちゃんと相談に乗ってくれる担当者がいれば、

しっかりと時間をかけて話合いたいと常に思ってます。

しかし、このハローワークの相談員という人達は、

全く就職転職活動に関しての知識がありません。。。。

なので、私の方が、圧倒的に、転職就職求職、、、関連の事が詳しいので、表面上は、私が職業相談しているといったカタチではありますが、

逆に私の方が、相談員の人たちに転職サイト、転職エージェント等の事など、いろいろと教えてあげて、感心されてしまう状況です。。。(^^;)

なので、、、ハッキリ言って全く役に立ちません。。。

しかも若い人も中にはいますが、年配の人が多く(平均年齢50歳近いのでは?(^^;))

いったい、この人たちはどういう人達なのか?いつも疑問でした。。。

転職再就職の事なら☟下記の当ブログ人気記事もぜひ参考にして下さい(^^)/

デューダ(DODA)に潜入!実際に面談してわかった転職者満足度№1の実態とは?

パソナ(PASONA)キャリアに潜入!実際に面談してわかった40代にもお勧めな理由

今度の日曜日には、宅地建物取引士試験が、、、。

明後日の日曜日には、宅地建物取引士の試験に参加します。。。

先日の、一級建築士試験のショックから全然立ち直っていませんが、とりあえずは受けてきます。。。

この2か月間は、一級建築士試験の方に集中していたため、宅建の勉強は、全くしていません。。。

しかも、今まで、ほぼ一度も宅建の勉強をしたことが無いので、絶対合格するのは無理だと思います。。。

、、いや、、間違いなく100%無理です。。。

でも、挑戦することに意義があるし、せっかく貴重なお金を払って申し込んだので、、

記念受験ではありますが、頑張って受けてきます。。。(^^;)

また、来週、一級建築士設計製図試験の復元図

(書く気力が湧かなくて、あの日のままホッタラカシにしてます。。。)

を書いたら、また御報告させて頂きます。(^_-)-☆

スポンサーリンク




Pocket