Pocket

こんにちわ。トラジロウです!



※前回からの続きです。

近隣に超ヤバイ人がいる難物件?!俺がやるの?

今回のCPR1-➁は、4年間従事した、現場監督時代のエピソードです。

現場監督4年目を迎え、私は相変わらず難物件やビップ物件に追われ、定時前に、現場から直行でパチンコ屋に入り浸っているダメ上司たちを横目に、過酷な日々を過ごしていました。

いつの間にか、成績も中盤くらいまで下がった所が定位置となった私は、ある時、上司のダメ課長に呼び出されました。

スポンサーリンク




課長から

「トラジロウ君、ちょっと面倒くさい物件なんだけどね、、裏にヤクザが住んでて、一応、表向きは工務店なんだけど、実際は開店休業状態みたいなんだよね。。。でも今回のお客さんが自分のところで建てないんで、インネンを付けてきてて、難しい状況なんだ。。。

私は、

「またですか?。。。今やってる品川のビップ物件だって、お客さんは超クレーマーだし、そもそも300㎡もある一戸建てを今月中なんて無理っすよ!この上またヤクザ、、?!とか絶対無理です!俺がもし刺されたりしたらどうしてくれんですか?」

課長

「なんとか頼むよ~、、係長とか結構顔に出ちゃうタイプだから、ヤクザを逆上さしちゃうとホントまずいんだよ~。。。」

「こういう時こそ課長やればいいんじゃないんですか?申し訳ないすけど、役職手当も、危険手当も一切無しで今まであり得ないような物件やってきてんですよ!ちょっと理不尽ですよね?」

課長

「トラジロウく~ん、、、またまた~、、そんなこと言わないでよ~。。」

、、、と結局、時間の無駄だし、逆に面倒くさいんで、その赤い管理台帳を引き受けました。

ヤクザと土佐犬

担当の営業所長と一緒に、まずは現地へ行きました。

ちなみに、本来の担当営業は、既に隣のヤクザに因縁を付けられて相当ビビッてしまい、担当から外れてしまったため、営業所長が対応してました。

さすが、上司の正しい姿です。。。

それに比べて、、、私の上司のダメ課長は、本当にダメダメです。。。。(-_-;)

今日は一緒に同行させようとしましたが、案の定理由を付けて逃げられてしまいました。。。

とりあえず、いつものように、まずは挨拶しようとヤクザの家の前に行くとなんと、、、、、




う~ん。。。デタよ~。。。

しかもゴッツイ土佐犬が!なんと!4匹も!

私、

「営業所長!さすが結構ヤクザっすね。。。。こういう感じで来るか~。。。

そうはいってもヤクザを気取った大人のヤンキーくらいを期待してたんだけどな~。。。。

これは、かなり厳しそうっすね。。。」

営業所長

「だろ~。いや~ブッチャケ、トラジロウが担当してくれて良かったよ!

君のところの課長も係長も正直ヤバイからね~。。。余計混乱しちゃうよね~。。。」

、、、と、まあ営業所長も、よくわかってますよね。。。(^^;)

しかし、雑談してる暇もないんで、さっそくインターフォンを押してみました。。。。

いざ!ヤクザの家に潜入か!?しかし。。。。

ピンポーン、、、と、インターフォンを鳴らしてしばらくすると、、

インターフォン越しにヤクザ、

「おう!やっと来たか、そこのカメラでお前らの事は全部見えてるぞ!」

私、

「はじめまして工事責任者のトラジロウと申します。施工管理課の現場監督です。本日は、ご挨拶と、ご自宅の状況をしっかりと撮影させて頂きに参りました。」

解説しますと、近隣トラブル等は、大なり小なり日常茶飯事です。

我々建築をする側は、近隣でも、お客さんでも、基本は、現金で解決を模索することはしません。

金を払ったという前例を作ってしまうと、これからもあらゆるシーンでお金を要求されてしまうからです。

あの住宅メーカーは、トラブルになるとお金を搾り取れるぞ!

、、ということになってしまいます。

今回は、これから始まる工事で、もしもヤクザの家に、何か支障があったらマズイので、事前に現況の写真を撮りまくっておきます。

例えば、既存の大きなひび割れ等は、後で文句を言われても、証拠として出せるように工事前に全て撮影しておく訳です。

ところで、このヤクザ宅は、道路から敷地へ入る間に立派な鉄格子の門扉があります。

その門扉を開けて敷地中に入ると、玄関まで幅3m弱くらいの敷地内通路を7mほど歩いて玄関があるのですが、、、。

その幅3m弱の敷地内通路には、

ゴッツイ土佐犬4匹が、ヨダレを垂らして、臨戦態勢でコッチを見ています。。。

もう一度、インターフォンを押します。

ヤクザ

「おう!!どうした!門のカギは開いてるから早く入ってこいよ!」

私、

「すみません。。。大きなワンちゃんたちが、こっちを見てて怖いんですけど。。。。」

ヤクザ

ああっ!大丈夫だ!こいつらはイイ人には嚙みついたりしねえ!ただし、悪い奴には容赦しねえからよ!気おつけろよ!

どうでもいいけど、慰謝料早く持ってこいよ!そうすりゃ、こっちもお互い様だし、配慮してやるって言ってんだからよ!」

情況を解説しますと、門扉を空けて中に入った場合、ゴッツイ土佐犬たちがいる訳です。

クサリで繋がれてはいるものの、結構長めのクサリなので、敷地内通路の土佐犬たちの反対側の塀沿いギリギリを横歩きで行けば、もしも土佐犬が襲ってきても、クサリが届かない可能性はあります。。。

しかし、結構いい感じで調整されていて、その長さは、ギリギリ大丈夫そうとも思える絶妙な長さに感じられます。。。

もう一つの大きな不安は、クサリが仮に届かないとしても、そのクサリの基となっているのは、直径10センチくらいの木杭を地面に打ち込んでいるだけです。。。

なので、これだけの土佐犬が本気で動いたら、このクサリを止めている木杭が抜けてしまう可能性もあります。。。

まあ、、、しかし、本当に危険だったらさすがにヤクザも止めるだろうと腹を決めて、

私、

「わかりました。。。じゃあ、、これから、、入りま~す!」

インターフォン越しにヤクザ、

「おう!お前勇気あるなあ!何度も言ってるけど、悪い奴には容赦しねえ奴らだからな!心して来いよ!」

、、、ということで、恐る恐る門扉を開き、ヤクザの敷地内に踏み込みました。。

スポンサーリンク




一番体の大きい、、、ボス?、、が早速寄ってきて激しく吠えて来ました。。。

しかし、クサリは、ギリギリ届きません。。。あと50センチくらい長いと届いてしまう際どさです。。。

もっとも恐ろしかったのは、例のクサリを止めている木杭が、土佐犬が、襲いかかって来るたびに、ミシミシとシナって折れそうだし、抜けそうな感じもしてしまって、メチャクチャ怖かったです。。。

リアルサファリパーク状態です。。。

もし、こんなアトラクション?を、このヤクザがしっかり考えて(鎖の長さとか、抜けそうで折れそうな木杭の演出とか、、、)やっているとしたら、ある意味、サファリパーク系のアトラクションのディレクターにでもなったほうが、いいんじゃいかと思ったくらいです。。。

たぶん、このヤクザは、ある程度計算して、土佐犬や、クサリや、この木杭を含めた外構計画のトータルコーディネートをしっかりと考えていたのではないかと思います。

そして、こうやって圧力をかけて恐怖を与えてお金を巻き上げようとしていたんだと思います。

まあ、、、会社が素直に金払ってくれてたら、こんな危険な思いをしないで済むので、私としては有難かったんですけどね。。。(^^;)

結局、家の中に辿り着きましたが、メチャクチャ嫌な汗をかきました。。。

家の中には立派な横綱が。。。

いよいよ家の中に入った時には、大分精魂使い果たしていて、私も営業所長もヘロヘロでした。。。

しかし、不敵な笑いを浮かべるヤクザに対しては、毅然とした態度で臨まないといけません。。。

なので、冷静な面持ちで、建物調査兼撮影を行っていきました。

まず驚いたのは、居間に飾ってある、土佐犬の横綱です。。。

いくら土佐犬が大きくても、こんなゴッツイ横綱を巻いたら身動き取れないんじゃないか!?

、、と思うような化粧綱です。

、、ということはあの土佐犬たちは実際に本物の闘犬だったのでしょうか??

玄関横に飾ってあった日本刀(本物かどうかは不明)よりも目を引きました。

こういう感じで、常に威圧的な、脅しのツールがあれこれ散りばめられていて、ヤクザの相違工夫が感じられます。

※文章で伝えるのは限界があるので、今回は土佐犬のことしか書いてませんが、その何倍も、実際は恐ろしいことがありました。。。(~_~;)

結局その後もいろいろあって、営業所長とその現場を離れたのは夜10時過ぎでした。。。

最期に余談と、現場監督(施工管理)の仕事まとめ

現場監督をやってると、工事の音がうるさかったり、通行止めに腹を立てられたりして、心無い近隣や、通行人の人々から、

「テメエが現場監督か?すぐ工事止めろ!ぶっ殺すぞ!!!」

、、、といった風に、いろいろと、からまれることも結構ありました。

こういった近隣を含めた顧客のトラブルやクレーム対応、その他、

夏場はメチャ暑いのに一日外で棟上げ工事対応や、サウナ状態の屋根裏に入っての点検調査、、、。

冬は極寒の中早朝から現場、、、台風時は、暴風雨の中、足場やシート他の保全など、いろいろ条件が厳しいためか、

現場監督(施工管理)業務は、とても人気がありません。。。

私も、転職サイト等からのオファーは、この現場監督、施行管理系の仕事が、相当数来ます。。。

なので60代でも、施工管理なら転職、再就職は全然大丈夫です。(^^)/

しかし、私は現場監督も、建築の設計業務も、今後は全くやる気はありません。。。。

今回の隣がヤクザの物件も、最終的には、持ち前のコミュニケーション能力を発揮して、何とかヤクザとの関係をギリギリ保ち、無事引渡しまで持って行きました。

そして、この件で、またしても無駄に私の評価は上がってしまいました。。。(-_-;)

「これからヤクザがらみの物件は、トラジロウ君だね!」

などと、一度も現場にも来ず、フザケたことを笑いながらヌカシテいるダメ課長に、殺意を抱いたということは言うまでもありません。

数ある私の現場監督(施工管理)時代のエピソードの中でも、最も危険度が高かった現場でした。(^^;)

スポンサーリンク




Pocket