Pocket


こんにちわ。トラジロウです!



現在人生模索中の私ですが、会社を辞めて転職(私の場合は再就職)もせず早9カ月目に突入しています。






今回から過去に私が働いてきた一部上場大手企業2社と少数精鋭のベンチャー企業在籍中の経験や実際の出来事をリアルエッセイで綴っていきます。


加えて現在奮闘中の日々の転職就職活動経験などから見えてきた

実際の企業や雇用といった側面もこのリアルエッセイの中で赤裸々に表現していきたいと思います。


このドキュメンタリーエッセイでは個人名や場所などの固有名詞だけは伏せさせて頂きます。

しかし抜本的な部分は私の実体験に基づきリアルに綴っていきます。


※壮大な長編作品になってしまうため新卒入社した大手ハウスメーカー編をCP(チャプター)1としまして今回はその第一話となります。

現状の私の考えでは、

CP1:新卒入社ハウスメーカー編(今回がCPR1➀話)

CP2:中途入社リフォームベンチャー企業編

CP3:直近まで在籍していた注文住宅営業マン編

という感じで私が過去経験した3社を、

チャプター1 ~ チャプター3

に分けて綴っていこうと思います。

途中で「英会話」や「資格取得」「日常生活」他の記事も随時ランダムにアップしていきます。

なので特に何回で完結とか、どこで一旦区切ってとかは全く決めてません。

気まぐれに綴って行きますのでよろしくお願いします!

私が新卒で入社したのは一部上場の大手ハウスメーカー!しかし。。

私が大学を卒業して最初に入社したのは知名度の高い一部上場の大手ハウスメーカーでした。

しかし大手企業は大体そういった傾向にありますが、、

総社員数が多すぎたり子会社なども多岐にわたるため、

あらゆる「籍」が存在します。

わかりやすく言えば踊る大捜査線や様々な刑事ドラマ等で

「キャリアとノンキャリア」とか「本庁と所轄」

というフレーズをよく聞きましたがザックリとそんなイメージで言えば、

私は「所轄」社員でした。

当時ハウスメーカーでは、

営業、企画、設計、工事、

と大きく分けて4部門ありました。

この大手ハウスメーカーでは「営業と企画」は、

本庁組のエリート籍社員

が約9割を占めていました。

私の入社ルートである設計部と工事部の技術系社員は、

なぜか所轄社員としての入社ルートしかありませんでした。

なぜそんな面倒くさくて理不尽な構成にしていたのか今でも全く意味不明です。。

他にも例えばインテリア籍の社員、エクステリア籍社員、アフターサービス籍社員、、

など、、いろいろでした。。

当時、その大手ハウスメーカーの子会社がたくさんありました。

そして各社員たちはその様々な子会社ルートで入社してきました。

しかしグループ内での異動などがあり無秩序な多国籍軍状態でした。

しかし元々のはこの会社に在籍中はズット付いてきます。

なので私が仮に営業になったとしても給料体系はそのままです。。すなわち

全く同じ仕事をしていてもキャリア組の営業と所轄の私では全く給料体系が異なります

単純にまとめるとこんな感じです。

キャリア社員➡給料が最初から高く一流大学卒が多数(最低六大学以上)

ノンキャリア社員➡給料が標準的で中堅大学卒が多数(専門卒も可)

給料体系の違いで生じる理不尽で悲しい過去

その一部上場大手ハウスメーカーの設計部で7年目を迎えていた時の話しです。

私は新人を研修で同行させられることが多かったためエリート籍社員である営業マンが新人の時いろいろと世話をしてきました。

そのため会社主催の忘年会などで新人の頃私に同行していたエリート籍の営業マンたちと一緒になると、


「いや~、トラジロウさんには新人の頃いろいろお世話になって本当に感謝してます!
今日はこの後キャバクラでハジケましょうよ!」






などというシチュエーションになったりします。。(^^;)

そのエリート本庁籍営業マンは入社4年目で年収は750万ほどです。

私は設計部の所轄籍で入社7年目なのに年収450万でした。。(-_-;)

なので私はその後輩営業マンに、

「オマエと違って俺は所轄籍だからさ。。キャバクラで夜通し遊べるような金は無いんだよ!まあ俺の分も楽しんでこいや!」

と言って話しが終わってしまうことがほとんどでした。

年収450万だと悪いということではありません。

しかし一晩数万円以上かかるような夜遊びを出来る年収では無い訳です。

皮肉なことに当時の私は成績も人当たりも良かったので(自分で言っちゃってすみません(^^;))

当時は新人教育担当に任命されていたためこのようなケースが多々ありました。。

でも、、

さすがに後輩にオゴッテもらう訳にはいかないので一緒に夜遊びをした記憶は一切ありません。。(-_-;)

典型的サラリーマン上司と赤色の管理台帳

入社から4年間は工事課(施工管理課)でいわゆる現場監督として従事していました。

そして早くも3年目で

優秀現場監督賞を受賞

し順調に仕事をこなしていました。

しかし、、

徐々にビップ物件や難客を持たされるようになりいろいろと激務化し行き詰って行きました。。

当時、私の所属していた住宅部門の現場監督はお客様の管理台帳を工事カバンに縦に入れて持ち運んでいました。

そのためカバンから顔を出している管理台帳の数でその現場監督がどのくらい大変かが一目瞭然でした。

ベテランの工事監督(係長クラスの場合)は10冊位の管理台帳を持っているため一目で大変そうなのがわかりました。

管理台帳は通常水色なのですが

難しい物件だったり顧客が細かくてヤバイ物件、近隣にヤクザが住んでいて絶対にトラブル必須の物件など、、

難しい物件の管理台帳は、

一目でわかる赤色の台帳になっていました。

目立つので危険な物件であるということがすぐにがわかります。

何と私はわずか3年目にもかかわらず、


管理台帳が10冊を超えてカバンがパンパンな上に半分以上が赤色の管理台帳となっていました。。


当然のことながら私の成績は落ち込みました。。

さらに休みも出社せざる負えない情況となってしまいました。

なぜなら細かい顧客や難しい物件などの担当になればとにかく時間を奪われてしまうからです。

超ウルサ型顧客や超細かい顧客は「お客様アンケート」などで私が完璧かつ誠心誠意

通常の顧客の数倍の労力を注いでも決して「満足」に〇をしません。

下手すると不満足に〇をされた上に備考欄にものすごい書き込みをされたりします。。

営業マンと違って受注数字といった明確な判断基準がない技術系社員にとって、この顧客満足度アンケートは成績に占める割合が高く私としては非常に厳しい状況に追い込まれた訳です。

当時のベテラン先輩社員たちよりも活躍してましたからね。。(^^;)

さらに自己保身しか考えていない当時のダメ課長は難物件やクレーマー顧客を係長など役職者ではなく私に割振ってきました。

さすがに私も

「K課長、、さすがに私も厳しいですよ!Y係長かT係長にしてくださいよ、、本来VIP客や難物件は役職者対応じゃないですか?私はもう完全にパンクですよ!」

、、、と言っても、

「いや~トラジロウ君、頼むよ~、君は顧客対応すごくうまいだろ。君じゃないとまとめられないんだよ。。」

確かに当時の両係長は、会社の仕組みが年功序列なので当り前のように係長になって給料やボーナスが多いだけで全く仕事が出来ず、普通の顧客でもクレームを出してしまうような上司でした。。

そんなこんなでだんだん嫌気がさす日々は続いてました。

※第➁話>>「ヤクザと土佐犬」に続きます。(^^)/


※人気記事セレクション

>>Spring転職エージェント!実際に利用して顧客満足度№1の真相究明

>>ビズリーチのプラチナスカウトでいきなり社長面接!その行方は?


>>ビズリーチとキャリアカーバー徹底比較!現在活用中の私が簡単解説








Pocket