Pocket

こんにちわ。トラジロウです!

今回は、リフォーム会社、リフォーム業者の選び方のポイントを簡潔に解説します!

失敗しない業者の選び方や、各社で大きく差異のある見積りについても解説します。

さらに、口コミやネットで評判のリショップナビやヌリカエなどのオンライン優良業者一括紹介サービスについても解説します!

ご自宅のリフォーム工事を御検討の方はぜひ参考にしてください!



今リフォームが大ブーム!でもトラブル続出?!

ここ10年位の間、増改築を含めリフォームは新築を押さえてシェアを拡大し続けています。

その理由は、不況や終身雇用の崩壊によって収入が不安定となった現代において、新築を建てたり買ったりする人が減少傾向にあるからです。

そのため、今住んでいる家をリフォームして長く住み続けたいという人が増えています。

しかし、ビジネスチャンスを狙って新規参入してくるリフォーム会社も相当数増加しています。

もちろんリフォーム業者が増えること自体は悪い事では無いのですが。。。

いわゆる悪徳業者や、異業種からの参入企業、新築が売れなくなり切羽詰まってリフォームに手を出してきた工務店やハウスメーカー

、、、など、、

満を持して正当に参入してくるリフォーム会社ばかりではありません。

大規模なリフォーム改装工事の場合は、金額も1000万円を超える高額なリフォームもあり、新築に引けを取らない大きな金額となります。

さらに住みながらの工事になる場合もあり、

依頼者は精神的苦痛も含めてかなり疲弊消耗します。

マンションリフォームの場合は、管理規約や近隣との関係も含めて、あらゆるトラブルが勃発する可能性があります。

そのため経験豊富で近隣対応など臨機応変に立ち回れるリフォーム業者でないとどんどん大事になっていってしまいます。

私は、今まで建築のプロとして、新築はもちろん小規模リフォームから大規模増改築工事に至るまで幅広い経験と実績を積んできました。

その経験から、今回はリフォーム業者の選び方のポイントに的を絞って簡単に解説していきます。

皆様のご自宅のリフォームを成功させるために一番重要なことは、

自分にとって最良なリフォーム会社(業者)を選ぶことです。

今回の私の記事で、失敗しない正しいリフォーム会社(業者)の選び方をマスターしていってください!


全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】

どのリフォーム会社を選ぶかで全てが決まる!

リフォームと一言で言っても、その範囲は多岐にわたります。

例えばマンションの全改装工事や、キッチンだけのリフォーム、一戸建ての家に和室を増築、外壁や屋根の塗装など、、、。

リフォーム会社(業者)は、いろいろな属性があり、たとえば、

●水道設備業者が行っているキッチン、トイレなど水周りが得意なリフォーム会社

●東京ガスのグループ企業であるリフォーム会社(給湯機、床暖房などが得意)

●ハウスメーカーの子会社のリフォーム会社(自社の住宅がメインなので一般の住宅やマンションのリフォームは苦手で高額だったりします。)

●外壁や屋根の塗装など、塗装関連の工事を主としたリフォーム会社(訪問販売系業者が多く悪徳業者も存在します。)

●デザイン性のあるリフォームを主として小工事は受けず高額の改装工事のみ受注している設計事務所や建築デザイナー

、、など、ザッと書いただけでもいろいろです。

しかし、最近では売上が大きく多大なニーズのあるリフォームに目を付けて、町のホームセンターや家電量販店までもがリフォームに参入してきています。

さらには建築業以外の企業が異業種参入で、リフォーム業界へ進出してきたり。。。

そのため、表向きは綺麗に体裁を整えていても、実は、、

建築を知らない素人集団

、、といった感じのリフォーム会社もシバシバ見かけます。。

なので、この数あるリフォーム会社の中から、自分の家に合ったリフォーム会社を選ぶには、一社では無く数社平行して検討する必要があります。


全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】

各リフォーム業者の見積りを検証して企業体質を見極めよう!

リフォーム会社を見極める一番のバロメーターは、何と言っても見積り書にあると私は思います。

「大きな買い物なんだからリフォームの見積りは、より細かい詳細見積りを出す会社が優良業者だ!」

と勘違いしている人を結構見かけます。

もちろん詳細見積りを出す業者が悪いと言っている訳ではありません。

ただ無駄に何十ページもあるのではなく、しっかりと整合性が取れていて、お客様を結果的に不幸に陥れないものであれば問題ありません。

そもそもリフォームの見積り金額は、

住宅設備品などの材料代と職人さんの工賃を足したものにリフォーム会社が必要な利益を乗せた合計金額

、、といった単純なものです。

その合計金額を出した上で、お客様に納得して頂けるように、

お客様提出用見積り書にプレゼンしていく訳です。

要するに、お客様が受け取る見積書は、提示金額が決まった後で、お客様の受けがいいようにプレゼンされた資料ということです。

なので、そのプレゼン資料を必要以上に細かく複雑に作っても意味が無いのです。

それよりも最も大きなポイントは、

見積り提出のスピードと、その見積り金額に自信を持っているかということです。

リフォーム工事の見積りは、よっぽど大規模で難解なものでもない限り、最初に訪問した段階で営業が積算出来ます。

しかし、見積り提出にかなり時間がかかるリフォーム会社もあります。

例えば、現場調査と言っては何度も足を運んできたり、専門業者まで連れてきたり、、、。

いくら見積りは無料と言っても、これだけ無駄に労力を注いだ分は、実質的にそのリフォーム業者のコストとしてかかってくる訳ですから、当然見積り金額は高くなるはずです。

ちなみに、契約前のほうが契約後よりも当然企業は一生懸命になるわけですから、契約前の段階で、肝心の見積り一つ満足に出せないということは大変問題です。

契約後にリフォーム工事をスムーズかつ工期を遵守して最後まで進行出来るのか大変疑問を感じてしまいます。

相見積もり業者の見積りを見せると、それに合わせて金額を下げてくるリフォーム業者がいます。

これは言語道断です!

そもそも最初に提出した見積り金額は何だったのか?ということになりますし、全く信用出来ませんよね?!

安易に金額を値引きする業者は、相当経営が厳しく自転車操業的な状況で、何でもいいからとにかく契約を取らないと倒産してしまう、、といった追い込まれた状態である可能性もあります。

そこまで追い詰められていないとしても信用出来ませんし、値引きした分を捻出するために建材品の質を下げたり、職人さんの工賃を不当に値切ったりする可能性があります。

ここまでを総括して簡潔にまとめますと、

優良リフォーム業者とは、

1、何度も足を運ばずに手際よく現地調査を行う。

2、無駄に詳細な見積りは作らず、簡潔でわかりやすい仕様書付き見積書を作成してくれる。

3、根拠の無い値引きをせず、一度出した掲示価格に自信を持っている。

以上がポイントです。


全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】

優良リフォーム会社無料一括紹介サービス「リショップナビ」を活用しよう!

という訳で、リフォームをする場合、なるべく

5社程度は見積りを依頼して各業者を比較検討

するのが良いと言われています。

洗面化粧台の交換工事で10万円位の小工事であっても、リフォームである以上、意外な落とし穴があったりするので、今回紹介するリショップナビを有効活用することをお勧めします!

リショップナビの特徴を3つあげると、

1、コンシェルジュがあなたにピッタリの会社を選択

コンシェルジュ(カスタマーサポート)がリフォームの希望や状況をしっかりとヒアリングし、希望にあったリフォーム会社を選択して紹介してくれます。

2、登録業者は厳しい審査に合格した厳選リフォーム会社のみ

リショップナビに加盟しているリフォーム会社は厳しい加盟基準をクリアした会社のみです。
(具体的な内容はこの章の最後にリショップナビのリンクが貼ってありますので、そこからご覧ください)

3、もしもの時の安心リフォーム保証制度完備

リフォーム工事中の事故や家に損害が生じた場合、引渡し1年以内に瑕疵があった場合に、その損害を保証しています。


全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】

リフォーム会社選定のポイント、リショップナビ活用まとめ

今まで幅広く建築業界に精通してきた私が伝えたいリフォーム会社(業者)選定のポイントは、

なるべく5社程度は見積りを取り、金額だけではなく各リフォーム会社の企業体質も比較検証する

ということです。

見積書が異常に細かかったり、現場に何回も大人数で足を運んできたりするリフォーム業者は、

素人のお客様からすると、

「こんなに細かい詳細見積りを作ってくれたり、いろんな人が何回も来てくれたりして良いリフォーム会社さんだなあ、、」

、、と勘違いしてしまう可能性があります。

業者の要領の悪さや対応の遅さは、肝心の契約後のその業者の姿を現しています。

不必要に複雑な見積書の作成や無駄な現地調査等にかかった費用は、全てその建築会社の原価コストに乗っかってきます。

もしも、そんなリフォーム会社(業者)にあなたのリフォームをお願いしてしまったら、無駄にかかったコストも当然乗っかった金額になります。

仮に、もしそのコストをお客様に負担させず、その企業が呑み込むのだとすれば、持続可能な経営が出来ず最終的には倒産してしまうか、建材品の質を落としたり、職人さんを泣かせてツジツマを合わせるかのいずれかになってしまいます。

世の中は一長一短です。

この記事を読んでから、リフォーム業者を比較すると、良い業者と悪い業者が何となく見えてくると思います。

リショップナビの一括無料見積りを活用して、

自分に合った適正なリフォーム会社を選択されることをお勧めします!

リショップナビの詳細は☟下記からです!

全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】

ちなみに、、、

外壁や屋根の塗装工事を検討の人は、

外壁塗装業者一括紹介サービスヌリカエもおすすめです。

ヌリカエは、厳しい審査基準をクリアした自社施工管理の塗装専門業者から一括で複数の見積りを取ることが出来る優良サイトです。

リショップナビと併用して、よりベストな優良業者を選定出来ます。

例えば、リショップナビで選んだ業者が内部のリフォームを行い、ヌリカエで選んだ外装業者が外壁と屋根の塗装工事を行うことにより、より高品質低価格なトータルリフォーム工事の実現が可能になります。

ヌリカエの詳細は☟こちらをご覧ください。

【ヌリカエ】外装塗装業者一括紹介サービス

Pocket