Pocket

こんにちわ。トラジロウです

現在いろいろと模索中ですが、、

なかなか焦点が定まらず、、

ドアの向こうにはいったい何があるんだろう。。

IMG_2566.JPG



スポンサーリンク






いろいろと転職サイトやその他求人情報、派遣・アルバイト情報など検討しながらいくつか応募したりしています。

実際10年前に転職した時も、いくつか転職エージェント等リクルート系の会社をあたってみましたが当時とはだいぶ違う感じがします。

今までで一番私にとって有利な職種としては、20代のころ従事していた大手ハウスメーカーの設計部や施工管理(現場監督)の経験値が大きいと思います。

なので当然そういった経験職種でと言われてしまうと思うのですが、、

建築の設計や現場監督はあらゆる意味で

あまりにもブラックすぎる

ため二度とやりたくないしもう出来ません。

(あの頃のようにガムシャラに駆けずり回って体力で乗り越えることも今は出来ないですし。。)

なので不動産コンサルタント的な職種、または不動産会社を希望しているためそもそもハードルが高いと思われます。

前職は大手不動産会社にはいましたが実際は建築寄りな業務に偏っていました。

さらに不動産業者で必須と言われる宅地建物取引士(旧宅地建物取引主任者)を持っていないのも大きなマイナスです。

キャリアアドバイサー(転職コンサルタント)

のような方々と気軽に面談出来ないのが非常に痛いです。。

彼らに相談すれば、話しっぷりや温度差などから何となく現状を把握できます。

さらにぶっちゃけトークなど出来れば直線的に理解出来ると思うのですがなかなか電話で相談というのが難しいです。

スポンサーリンク






なぜなら電話をしても、

「WEBからまず申込を行ってください。」

「すべて必用事項入力後にマッチする仕事があった場合はキャリアアドバイサーからご連絡します。」

など、そもそも舞台に上がることすら出来ない状況です。

もちろん、まだ私自身、本格的に転職就職活動に本腰を入れていないので、やり方がそもそもマズイのかもしれません。

大手の転職エージェントには現状まだ手を出していません。。

アルバイトに関しても、同じようになかなか電話で話しが出来ず、

「まずはWEB登録をしてください」

というのが大変多いです。。

とにかく我々40代世代は、

熱血ドラマ<スクールウォーズ>

のような激アツのシチュエーションで育って来たため
(もし知らなかったらごめんなさい。。)

まずは顔を合わせて熱く語る!

というのがポリシーなのです。

ですからメールで送ってメールを待って、、

結果お話しすら出来ません。。

というのは大変なストレスですし屈辱的なわけです。。

そんなこんなで着々と最悪の場合にそなえ自分自身のスキルアップを磨いていく方向へと舵をきっています。

ちなみに昨日は英会話、本日は投資セミナー、明日はWEB関連のアフィリエイト初心者セミナーがあります。

さらに明後日は宅地建物取引士講座説明会があります。

さらにさらにその翌日は独立して会社を経営している元同僚の仕事場を見学、、

といった感じで何気に忙しく過ごしてます。

とにかく頑張っるぞ!!


スポンサーリンク






Pocket