Pocket

こんにちわ。トラジロウです

とりあえず、今、一番私が取得したい資格は、一級建築士という国家資格です。

ちなみに下写真は、実際の試験で提出したものを復元した図面です。

IMG_2618.JPG

スポンサーリンク




もともと私は建築学科を出ているのと、20代のころは、大手ハウスメーカーで、設計部に在籍していました。

受験資格(一級建築士試験を受験するためには、いろいろな経歴や実務経験が必要なのでそれを全部クリアしてないと受けることすら出来ません)

があるので、在職中に受験したところ、一次試験の学科試験が通ったため後は2次試験の実務試験(設計製図と論文)に合格すれば取得出来る状態にあります。

試験は2段階になっており、まず最初の一次試験の学科試験に合格するには、最低1000時間以上は、学習時間が必要とされている難関試験です。

学科試験が受かると、あとは実務試験ですが、これまた難しいので、3回までチャンスがあります。

私は去年、一昨年と不合格でしたので、今年がラストチャンスとなってしまいました。

もし今年不合格だと、学科試験の免除が終わってしまうので、振出しに戻ってしまいます。

在職中は、激務かつ物件のトータル責任者でもあった私は、ほとんど勉強出来ずに、記念受験的な感じで二次試験をうけることになってしまっていました。。。

、、、そして当然不合格に。。。

まあ、一級建築士試験に限らず、基本的には時間の取れる人が、社会人が受ける試験では圧倒的に有利だと思います。

しかし、現実は結果が全てです。。。受からなければゼロです。。。


スポンサーリンク






取得してしまえば、今後の人生にとって相当アドバンテージがあるはずです。

そもそも一級建築士はネームバリューがあるため、もし私が取得た場合、設計士や建築家になるつもりは毛頭ありませんが、自分で仕事をすることも出来ます。

さらに対面的にも一目おかれますので、あらゆる意味で相当有利なことは間違いありません。

本日は、某資格学校の無料説明会に参加して来ました。

ただし、費用がバカ高いので、今の私は、とてもこんな高額な学校には通えません。

なので情報収集だけしながら、短期講習等のスポット的なところだけ参加して、何とかしていくしかないと決意しました。

ただし、もし嬉しいことに、就職が決まった場合は、あきらめることになると思います。

なぜなら、試験は10月なので、入社して3カ月位の段階で、就職した会社にお願いして、早く帰らせてもらったり、休みをもらったりして勉強をさせてもらえる訳はありません。

なので、実際どうなることやら。。。

しかし、そんなことは、考えずに、とにかく今やれることを、日々全うしていこうと思います。




スポンサーリンク




Pocket