Pocket


こんにちわ。トラジロウです!


今回は、現場監督(施工管理)業務も、終盤の5年目に差し掛かろうかという時に、当時の工事部のトップである東京事業所長から、設計部への異動を打診された時の話しです。



スポンサーリンク




現場から戻ると机の上に手紙が。。。

入社4年目の終盤、私が現場から工事部のある東京事業所に帰ってくると、、、、

机の上に手紙、、、というかメモが置いてありました。。。

トラジロウへ

 お疲れ様!

いつも難しい物件やってもらってて大変だけど、うまくまとめてくれてありがとね。

今日の夜時間無いかな?

もし良ければ、一緒に食事しながら、いろいろ相談したいんだよ。

とりあえずメモ見たら事業所長室まで来てほしい、よろしく!

柳沢(仮名ですが、東京事業所長の名前です

当時、工事部(施工管理部)は、新宿の高層ビル内の住宅事業本部や、住宅展示場等の営業所とは独立していて、西東京市の東京事業所という所にありました。

その当時のトップが柳沢東京事業所長でした。

ちなみに工事部は1課から3課まであって、工事課長が3人と、部下を持たない担当係長(当時は年功序列で、ある程度年次が進むと誰でも自動的になれました)が、5人ほどいました。

この柳沢東京事業所長は、エリート籍(本庁籍)ですが、珍しく数少ない設計部出身で、人柄も良く、私が最も頼りにしていた存在でした。

よく雑談などしたりしていて、親しかったので、

そんなに改まって、置手紙までして誘わなくてもいい訳ですから、何かあるな?、、、とは思ってました。。。

事業所長と二人きりで都内の料亭へ

特に予定も無かった私は、お誘い通り、事業所長と都内の料亭に行きました。

事業所長、

「トラジロウ君、実はね、、今うちの会社はスペシャリストでは無く、ゼネラリストの人材を育成していこうという方針になったんだ。

現場監督と設計と両方出来たらスゴイだろ!

君は、ここんところ難物件ばっかりやってるから、さすがに成績は中盤くらいになっちゃってるけど

すごく優秀な現場監督だ。もちろん俺はちゃんと解ってるし、みんなも言ってる。

もう現場監督は極めただろうから、今度は設計部へ行って実力を発揮してみないか?どう?」

私、

「事業所長、ブッチャケ聞いちゃいますけど、もう決まってるんですよね?だからこんな料亭まで連れて来て頂いて、そんなお話をされてるんですよね?」

事業所長、

「今までは、最初に工事だったらずっと工事で、設計だったらずっと設計だっただろ?でもこれからは、両方出来る人材が必要だという方針になったんだ。

もちろん設計部の中田(仮名)部長とも話したんだが、設計部との人間関係も、営業部ともうまくやれそうなトラジロウ君がいいんじゃないか?

という話になってるんだよ!君は設計にも営業にも評判いいからね!」



私は、実はかなりのショックを受けてました。。。

なぜなら、そもそも部署異動する事自体、相当面倒クサイ訳ですし、この会社では工事部の方が、いろんな意味で好条件だったからです。

なぜ工事部が良くて設計部はダメか

先に記載したように、工事部は、本部、営業部から離れていて、西東京市に

独立して事務所を構えていて自由です。

住宅メーカーの営業マンは、オシもアクも強く、恐ろしい猛者たちがたくさんいます。。。

設計部は、営業部と本部の直轄になるので、そんな猛者たちと日々一緒です。。。

とにかく住宅の営業は、あらゆる意味で大変です。。。

高額物件なので簡単に取れないし、クレームの度合いもハンパしゃないです。。。

余談ですが、ビズリーチやリクルート、デューダ、パソナ他、現在私が登録している転職サイトや、転職エージェントから、住宅の営業や、住宅営業の管理職の求人がメチャクチャ来ます。。。。

要は、離職率が格段に高いし、住宅の営業をやって高収入をめざそう!という人は、今はナカナカいないのです。。。。

なので、設計は、そんな営業たちと心身一体で、ガンジガラメです。。。

住宅の現場監督の場合は、営業や設計、現場の職人などに、うまく振ってしまえば、何とかなってしまうケースも結構あります。

しかし設計は、物事を責任持って決定ずける立場にあり、細かい問題も自分で解決するしかないという厳しさがあります。

そんなプレッシャーや、その他いろいろな事が災いして、会社に来なくなってしまう人も結構いました。。。

スポンサーリンク




一般的に、住宅の設計といえば、建築家をイメージするかと思います。。。

しかし、現実は全く違います。

お客さんに、要望や夢を語ってもらって、その要望を盛り込みながら設計マンが腕を振るって建築家風の設計をして喜ばれる、、、といったケースは、ほとんどありません。。。。

住宅メーカー、いわゆるプレハブ住宅の設計は、そもそも特殊な事が出来ないので、面白味の無い平凡なプランがほとんどです。

しかも、営業が、女性のCAD(パソコンで図面を作成するソフト)オペレーターと組んで、既にプランが決定した状態で設計に来ます。

設計部でやることは、プレハブ住宅(工業化住宅)なので、その自社の設計ルールに当てはまっているかのチェックや、ルール外の場合の特殊対応についてどう収めていくか?といったような、言うならば超細かいスーパー事務処理要員です。

「建築家」のように、一般の人が想像するような「設計」では全くありません。

もちろん、役所や、実施図面を書いてもらう外注の設計事務所とのやり取り等があるので、設計の知識がないと無理です。

私の在籍していた大手住宅メーカーは、プレハブ率が超高かったので、本来の住宅の設計業務とはカケ離れてました。。。

何かと理不尽な大手企業の内情

特に、給料に対しては、全くこういった異動に対して対応していません。。。

大手企業の悪い所は、上司や、その上も含めて、全員がサラリーマンであるということです。。。

部長や、役員クラスであっても、いつ左遷されるかわかりません。

なので、彼らはいつも

目先の手柄と、自己保身だけを考えて生きてます。。。(-_-;)

ちなみに私の場合、現場監督時代は、固定給は27万くらいで、物件手当が2~5万円くらいでした。

なんだかんだ言っても、物件を多く持っていたので、物件手当はそこそこありました。

しかし、設計部へ異動したら、最初からすぐに物件を持てませんから、

半年くらいは手当がゼロか、超少ない訳です。

細かく書きませんが、物件手当に関しては、設計より現場監督の方が、なぜか有利な設定になっていたため、現場監督ですと

5万円位手当が付く時がありますが、設計手当は、どんなに高くても2万円位までが限界でした。。。

物件手当以外の固定給部分は全く同じなので年収は当然下がります。。。(T_T)

社員の給与も、こんな理不尽で適当な設定になってしまっていた訳です。

優秀社員は損!?ダメ社員はお得?な大手企業

当然、私の場合、左遷されて設計部に異動する訳ではありません。

当時の工事部は、全員では無いですが、ベテランや係長クラスの半数近くはダメダメでした。。。

※人柄的にはイイ人が多かったので、あくまでも仕事で考えた場合です。

不思議なもので、大手企業の場合、上層部は何もわかっちゃいないですが、大多数を占める一般社員たちの間では、誰がダメで面倒クサイ奴か?誰が優秀か?等は、社員間の噂や情報等により、確実に把握されていました。

部署を移動させる場合は、受け入れる側の要望もある訳です。

なので人柄も成績も良くて、会社に取って優秀な社員は、特に終身雇用の大手企業ほど、しょっちゅう部署を異動させられたり、難しい仕事や、みんなが嫌がる事をさせられたりと、何かと報われないシーンを多々見かけて来ました。。。

いいように使われてしまっていてかわいそうです。。。

逆に仕事は出来ないし、アクも強い社員は、居なくなってくれ!と皆が真に願っていても、受け入れる側の部署が、断固拒否するのでズット居座り続けます。

営業マンは、自分の担当物件が、超難物件だったりすると、、、

「超難しい客でクレームになるから絶対にあの人にだけは担当させないでくれ!」

などと事前に所属長に言ってくるので、結果的に、

面倒くさい部署異動もしなくてすむし、問題のある物件も、難しい客にも当たらないのです。

なので当時私の在籍していた大手企業では

「優秀社員は損、ダメ社員がヌクヌクはびこる」

、、、という図式が、定番となっていた訳です。。。。

そんな訳で、仕方なく設計部への異動を受け入れることとなりました。(T_T)/~~~

※次回CPR(チャプター)1-➃話は、工事部から異動し、設計部での話しです。(^^;)

スポンサーリンク




Pocket