Pocket

こんにちわ。トラジロウです。

私の場合、現在は失業認定を受けている状態ですから、転職活動というより、就職活動ですが、、、。

いろいろと転職エージェント関連にも本格的に、打診をし始めました。本日は、大手転職エージェントの代表格であるリクルートエージェントを検証します。

ちなみに同じリクルート系列の、こちらは転職サイトでありますリクナビネクストについても実際に登録しましたので、実践検証をしていきたいと思います。

というわけで、本日は第一弾として、まずは、リクルートエージェントの面談で、東京駅に行ってきました。

東京駅には立派なビルがたくさんありますが、グラントウキョウサウスタワーに、リクルートエージェントとリクナビネクストを運営する株式会社リクルートキャリアが入ってます。

立派なエスカレーターを上がっていくと、、、。

リクルートの立派な受付があります。しかし、立派ですね。。。この先は怒られそうなので、写真撮影は止めときます。。。

リクルートエージェントとリクナビネクストの違いは?

リクナビNEXT

ちなみに、リクナビネクストとリクルートエージェントを運営しているのは、株式会社リクルートキャリアという、リクルートホールディングスの事業会社です。

リクナビネクストは、転職サイトです。

リクルートエージェントは、転職支援サービスです。

ザックリと言いますと、要は、面接等を行って実際に担当として転職アドバイサーが付くのが、転職支援サービスです。

対して、転職アドバイサーのような担当が付かずに、自分でWEB上で登録、検索等をして行うのが転職サイトです。

どちらが良いかということですが、こちらは使用する人のニーズ等によって、より使いやすい、もしくは利用しやすい方を選択すれば良いかと思います。

リクナビネクストについて

登録者数670万人以上、日本最大の登録者数です。

掲載求人5000件以上、8割以上が他社に無いリクナビネクスト専任求人

企業から直接オファーが届く、スカウトサービス

※上記はリクルートキャリアより一部引用

上記のスカウトサービスに関しては、私も何社か、オファーを頂きました。本日は、リクルートエージェントの面談に来ている訳ですが、すでに、こちらのリクナビネクストの転職サイトに、数日前に登録済みのため、いくつかオファーが来たわけです。

リクナビネクストとの提携エージェントから特別求人が届く、リクナビネクストエージェントネットワークサービスというのがあります。

こちらも、いくつか特別求人メールを頂きました。提携している、数多くの転職エージェント会社(Dodaやパソナなどの大手エージェントでは無くリクナビと提携している中小精鋭の転職エージェントです)から、私の公開プロフィールを見てメールが来ました。

もちろん多い人は、相当来ると思いますし、多くなくても、正直いちいち相手にしてられないし面倒くさいと思う人は、無視していても問題ないです。

これには2週間くらいの期限が定められているので、その間に、何か返答をしなければ無効になるようです。

中には興味深い求人もあり、そのエージェントの方と連絡を取りたい場合は、こちらからOKメールを返信すれば、電話や面談をしたりすることが出来ます。

私も、一度は、こういうエージェントとも面談してみたいと思ってます。
折角、オファーをくれている訳だし、何事も経験です。。会っていろいろ話せばネット検索だけではわからない情報や、市場の現況を担当者とのやり取りの中の温度差等で、直接肌で感じることが出来ます。

私は、文章は苦手ですが、話したり、教えたりすることは結構得意なので、会ったほうが、担当者にも私の良いキャラ?を知ってもらえるし、いろいろな意味でプラスと考えています。

上記に記載したようなケースもありますが、リクナビネクストは、原則は、転職サイトであり、担当者が居て、直接連絡をしてくるわけでは無く、自分で利用していきます。

なので、自分のペースで転職活動、就職活動が出来るのが特徴です。

自分自身で求人を検索できるので、好きな時に検索して検討出来ます。

そんなに急いで無い人や、転職エージェントの担当者と、特にやり取りをしたくないという人にお勧めです。

確かに、実際にしっかりと面談して、エージェントの担当者とも、ある程度人間関係も出来てしまうと、

今後やっぱり就職活動をヤメタ、とか、他で決めてしまった、もしくは他で良いエージェントがあった、、、、などあったりすると断りずらいですよね。。。

私のようにアラフォー世代にも適した転職サイトだと思います。

グッドポイント

リクルートエージェントについて

累計で、30万件超えの転職成功実績があります。

非公開求人数も10万件以上持っています。

専任のキャリアアドバイサーが転職をサポートします。

62.7%の人が、年収アップに成功しています。

※上記はリクルートキャリアより一部引用

リクルートエージェントは、専任のキャリアアドバイサーが求職者の推薦や、面接の調整、年収交渉、入社までの手続き関連の手配等、あなたのマネージャーのような感じで転職をサポートしてくれますので、非常に安心です。

それでは、実際の、面談がどうだったかということですが、個室の面談ブースに通され、しばらくそこで待っていると、、すでに連絡をメール等で行っている、担当の方が入ってきました。

とりあえず、ご挨拶と、名刺を頂いたので、私も現在は失業保険認定中で、無職ですが、前職の名刺があったので、

「一応、、こちらでご勘弁願います。。。」

と言って渡しました。担当は男性で、あえて年齢は聞きませんでしたが、おそらく30代前半?くらいかと思われました。

結構出来る風のサラリーマンといった感じの方でした。まずは、私が、建築の経験があるのに、なぜ不動産系など、異業種に行きたいのか?などの質問があり、それらの質問に答えました。

さらには、私の考え方、ニーズ、要望を伝え、担当の方は、じっくりと、時にメモりながら、聞いてくれました。その上で

「実際は、年齢もあるので、異業種は厳しいかと思います。しかし、建築関連の会社でも、会社によって、個々の社風もあるので、一概に、建築業界が、いまだに根性や、泥臭さを売りにしている会社ばかりではないですよ」

というところを、結構熱く語ってくれました。

時間的には、全部で、1時間半くらいかと思いますが、淡々と時間が過ぎていき、やはり自分ひとりで検討してきた概念と、今回の面談を終えた状態の考え方では、ずいぶん変わりました。

私の場合は、今すぐということには、ならないですが良い会社があれば、もちろんすぐに話しを進めてもいいですということで、面談を終えました。

今回実際に利用してみた感想ですが、全体的に、まあ合格点かと思います。

現状では、まだ経験値が少なく、他と比較が出来ていないので、ある程度進行したところで、考察した記事にて、また発信していこうと思います。

特に私の場合、40代なのに、出来れば経験職は避けたいとか、フリーランスも視野に入れて動いてるだとか、、今すぐではなく、慎重に勧めたいというところがありました。

なので、むしろ私の話をしっかりと聞いてくれて、強引にすすめてきたり、就職活動を急がせようといったようなことも無く、紳士的なところは好感触でした。

私としては、もう少し長く面談をしたかったのですが、(私は時間があるので、)一定の時間で区切られてしまったので、名残惜しい感じはありましたが、そのくらい、充実した内容ではありました。

今後は、私のいろいろな進行状況に合わせて、無理の無いように進めましょうということになりました。

リクルートエージェント

リクナビネクスト、リクルートエージェントまとめ

今回、初めて大手転職エージェント関連に、いよいよ具体的に動き出した第一弾となりましたが、このように、キャリアアドバイサーとの面談に行ったり、リクナビに登録してオファーを受けたりと、いろいろとやり始めてみましたが、なかなか好感触で少しホットしました。

いざ本気で頑張れば、何とか、まあまあの就職は最低限出来そうな気がして来ましたので、大きな収獲だったと思います。

自分で、探したりするのも大変なわけですが、まずは、自分が今後どういう方向に進んだら良いか?自分の要望や、過去の経歴やエピソードなど、洗いざらい話して、総合的にプロからアドバイスを頂けるというのは、相当合理的で、無駄に時間を費やさずに最短距離で検討出来ます。

リクルートさんは、業界最大手でもあり、担当も紳士的で、もっといろいろ話したかったところはありますが、逆に、

「あ~あ、、貴重な時間を割いてわざわざ来たのに意味なかったな。。あ~あ、、来なきゃよかった」

、、という状況だと大変困るので、大手転職エージェントデビューとしては、まずまずの滑り出しだったかと思います。

たしかに、転職や再就職をしたいとは思うけど、実際に今の仕事を辞めるのは、ブッチャケ厳しいとは思うし、わざわざ東京駅の仰々しい立派なビルに行って、面談するのもちょっとな~。。

という人は、とりあえずリクナビネクストのような転職サイトに登録して、WEB上で、まずは具体的に情報をリアルタイムに受けて、検討していくのがいいかと思います。

今まで、自分でネット等でセルフチェックしていた時の情報量とはケタ違いですし、常に新しい発見があります。

転職サイトに実際に登録して検索しないと、誰でも見れてしまうネット上では、有望な情報は、会社名も含めほとんど非公開です。例えば

「(非公開)株式会社 建築系 年収500~750万、東京都近郊、リフォーム、社員数700、、、、ETC」

のような、ありきたりの情報だけ掲示されている感じで、結局何も解らない、、、といったことが結構多いです。

また、正直どこにでも掲示されているような求人は、大手企業・中小企業にかかわらず、ブラック企業か、少なくとも優良企業では無い可能性が高いので、そのあたりも真実はどうなのか?をしっかりと確認しなければなりません!

今後も、引続き大手転職エージェント関連を実際に行って体験してみて、あれこれ実践してみようと思いますので、また記事投稿させていただきます。

暑くなってきたので、熱中症には、お気を付けてください。(^^)/

アラフォー40代は登録必須の転職サイト!☟最初はこれだけでもOKです。(^_-)-☆

リクナビNEXT



転職エージェント日本最大手!総合力ナンバー1!

リクルートエージェント

転職再就職の事なら☟下記の当ブログ人気記事もぜひ参考にして下さい(^^)/

デューダ(DODA)に潜入!実際に面談してわかった転職者満足度№1の実態とは?

ビズリーチのプラチナスカウトでいきなり社長面接確定!その行方は?




スポンサーリンク




Pocket