Pocket

こんにちわ。トラジロウです。

気が付けば、昨年末に退職してもう半年が経とうとしています。。。

大都会の喧騒の中で、社会の荒波にもまれ、ガムシャラに企業戦士として働いてきた記憶もやや薄れつつあります。。。



スポンサーリンク




昨年末に退職してから早くも半年が経過。。。

退職てから、それなりにいろいろなことがありました。。。

しかし、何一つプラスの方向には進んで無いし、かといって、全く何もやってない訳でもないですが、明確な結果は出ていない状況です。

辞めた段階で、百数十万円程度の現金しかなかったため、半年ももたないだろうと思ってましたが、とにかくお金を使わないようにしながら、
家族に内緒のまま、何とかバレずに、そして何とか生活を食いつないでいる状況です。

特に、在職中から考えていたWEB関連ビジネス(ネットショップ、アフィリエイト、せどり他)や、投資関連(株、FX、バイナリー、先物他)に関しては、すぐに研究を開始し、現状ではアフィリエイトとFXにしぼって、奮闘中です。

これについては、個々の記事で、これからも書いていくので、詳細は書きませんが、若干の収益にはなってます。

しかしそれらで生活出来るようになる気は全くしません。

多少なりとも利益が出ているというだけでも、よく頑張ってると思えるレベルです。

失業給付金がやっと5月から(遅い。。。)出始めて2か月目になるわけですが、これを貰うのにもこんなに苦労するとは思ってなかったです。

スポンサーリンク




失業給付金でも、ネットビジネス等副業系でも大苦戦。。。

そもそも失業給付金の金額が運悪く超低かったり、貰い始める時期がメチャクチャ遅かったり、、

さらに失業保険認定中は、金銭的に苦しいにも関わらず、バイトするにも様々な障壁があったり、、、

など、常に厳しい状況が続いています。

バイトなど労働をして対価を得る場合は、一週間に20時間以上、または、一週間に3日を超えると失業給付金手当を止められてしまったりします。

ルールを知らなくて、結果的にこの規則に違反してしまった場合でも、指摘を受けてしまうと罰則があり、

支給額の2倍の金額を返却しなくてはいけません。。。

このあたりの奮闘ぶりは、ハローワークのカテゴリー記事をご覧いただければ、わかりやすく記載しています。

FXやアフィリエイトに関しては、労働に対しての対価としてお金を受け取ったことにならないとのことです。

極端な話しですが一月で100万以上稼いだとしても失業給付金をもらえます。

まあ、、一月100万円なんて、この先いくら頑張っても絶対に私には無理だと思いますけど。。。。

サラリーマン時代を思い出し。。。

久し振りに、今日は昔の仕事仲間と都内で昼食をするために出てきたので、目まぐるしく働いていたころの記憶が蘇ってきました。

もちろんサラリーマンが全て不満を持っている訳では無いと思います。

私も過去3社経験し、転職時も間を空けずに継続して20年以上働いてきましたが、

生きがいや、やりがいを感じ、使命感と責任感を持って働いていた時間は、あっという間に過ぎていきました。。。

ツラいことも時にはありましたが、いわゆる「社畜」のような企業の奴隷的な感覚になったことはありませんでした。



ちょっと話がそれましたが、これから転職サイトへの登録や、面談等してみようかと思ってます。

しかし、当初は2社ほど中堅の転職サイト等に登録しましたが、建築一筋だった私が、若干違う業種(たとえば不動産仲介、コンサルティング等)を希望すると、ほぼ話が来ませんでした。。。

逆に経験職である建築系ですと、あまり条件が良くないか、管理職(あくまでも管理職候補ということですから、おいしい話ではありません。)としての募集しか無いというのがパターンでした。。

正直、建築業界は非常に厳しく、目の当たりにそれを感じてきたので、もちろん他の業種が良いとは思っていませんが、基本的には、

新築の営業、建築の現場監督および設計、増改築リフォームなどの老舗の職種には戻りたくありません。。

これで、そこに戻ったら、それこそ何のために意を決して退職したのかわからなくなってしまいます。。。。

近年急速に進んだグローバル化

あとは、フリーランスの道も最近では特に考えてます。

今までの経験を生かして、建築や不動産のコンサルティングは出来ると思うので、それも有りかと思ってます。

その辺の話も、また記事を書いていきますが現在動いてます。

20年ほど前に、私が新入社員として働きだしたころと現在の世の中は全く変わってしまいました。

現在では、もう終身雇用も崩壊してます。。どんな大手企業でもです。。。

何がそんなに大きく世の中を変えてしまったか?それは、、、

グローバル化

の一言につきます。

それこそ一昔前なら、どんなに優秀な人物でも、大手企業という大樹の元から離れて独立をすれば、まずは集客というところで真っ先に躓いてしまいます。

当時は終身雇用が崩れると誰も思っていなかったですから、安定した生活を確保するため、

たとえ優秀でも自ら会社を辞めてしまう人はごく僅かでした。

しかし現代では、ITやWEBマーケティングなどの急速な成長により、個人が自らブランディング出来てしまう時代となりました。

SNSの普及で逆に大手企業の方が、コンプライアンスや個人情報管理、CSR等、様々なシガラミに足元を救われ、身動き取れなくなってしまうこともあります。

特に建築業界のような昭和からまだ完全に足を踏み出せていない遅れた産業ですと、

いまだに根性や気合で何とかなると信じている管理職以上の人も多数存在している状況です。

まとめまして。。

帰りに、以前、仕事が遅くなると泊まっていたホテルの前をとおり、何となく懐かしく、切ない気持ちになりました。。。



ということで、現在は、この先どうなるか全くわからない状況です。

しかし、、

常にプラス思考で前だけを見て進んで行くしかありません。。

これからも、日々の葛藤をこのブログで発信して行きますので、

転職したい、仕事辞めたい、何かあたらしいことやりたい、辞めた人はどんなことしてるんだろう?

などと考えている全ての人たちへ捧ぐ、

アラフォー退社後奮闘記を、よろしくお願い致します。  (^_-)-☆



スポンサーリンク




Pocket