Pocket

こんにちわ。トラジロウです

IMG_2538.JPG



とりあえずは、じっと遠くを見据えながら今後の人生を模索中です。。

スポンサーリンク






退職するとほとんどの人は経済的理由もあり、基本的には早い段階で再就職をする人が多いかと思います。

よく、、

「せっかくだから失業保険をしっかりともらってその間にゆっくり考えよう」

などと言う人もいますが、、

実際にそんな簡単にはいきません。。

IMG_2539.JPG

ちなみにハローワークは昔でいうところの

職業安定所(職安)

のことを言います。

よく言われている「失業手当」は俗称であって正式には

失業保険給付金

のことを言います。

一応重要なことなのでふれておきました。。

10年勤めた大手企業を退職し、現在はハローワークに行って

「失業認定」

を受けている状態ですが、失業保険給付までの流れを簡単に書きますと

①、雇用保険被保険者離職票を退職した会社から受け取ります。
 しかし私の場合12月末退職なので年末年始をはさんだこともあり、
雇用保険被保険者証を獲得できたのは1月20日でした。

(おそい。。。)

②、そこから1月23日に受給資格が決定し、

「就職準備説明会」と「雇用保険説明会」

を経て2月20日が初回失業認定日となりました。

この失業認定を受けることが退職してからまずはやらなければならない第一歩となります。

最終的に失業保険給付金(失業手当)を受給するための最初の儀式です。

その間1月23日から一週間は、

待機期間

というのがあり、お金はまだもらえません。

③、2月20日~4月29日まで

給付制限期間

のため、この期間も引き続きお金はもらえません。

さらにこの期間も、求職活動をこの期間で何回か行わないといけなかったり、ハローワークからの指示にいろいろと従わなければいけません。

結果、12月31日に退社した私の場合、最短でも失業保険給付金(失業手当)を受け取れるのは

会社を退職してから実に5カ月後の5月1日以降

からということになりました。

う~ん。。(-_-;)、、あまりにも遅すぎる。。

私は自己都合退職(一般的には自己都合退職の人が結構多いと思いますが。。)という形ですので失業手当をもらえるのにこれだけかかりましたが、

例えば会社が倒産したり不可抗力で仕事を失った人など

何らかの諸事情がある人

はもっと早く支給されます。

当初は貯金をすり減らしながらも慎重に求職活動をしていこうと思ってました。

しかし現実はかなり厳しいということを知り、かなりブルーな気持ちになりました。。

しかも私の失業保険給付金の支給額が思ったより少ない。。

こちらはまた次回>>ハローワーク➁で書きます。


※私が実際に企業からの面接確約オファーを受けて臨んだ一連のリアルドキュメンタリー!
全6話完結の当ブログ大人気記事も☟ぜひご覧ください!

>>デューダから面接確約オファー!➀ついに再就職決定?!


スポンサーリンク




Pocket