Pocket

こんにちわ。トラジロウです。 

9日の夜から突然体調不良におそわれ、そこから三日間近くほぼ起き上がれず。。。すごくつらい。。(◞‸◟)

IMG_0488.JPG


突然の体調不良により、ずっと死んでました。。。

いつも通り、順調にガストで作業を5時間くらいしていたところ、なんか体調が悪くなり、やむを得ず家に帰ってすぐに横になりました。

すると、ものすごく寒くなり、体の震えが止まらなくなり、まさに骨が氷に変ったかのようなどうしようもない寒さでした。

結局、熱も9度超えとなり、扁桃腺も絶好調に腫れて完全グロッキー状態でした。

私は扁桃腺持ちなので、年に1~2回程度この扁桃腺が腫れて高熱を出してしまいます。

ということで、、

その翌日、病院に行き、インフルエンザの検査もしましたが、インフルでは無く、何かウィルス性の風邪で扁桃腺も腫れてしまい高熱を引き起こしたのでは?というような診断結果でした。。。

こんな人生最悪の不安定な時期に、このような悲惨な事態に陥ると、フトンの中で、モウロウと、うなされ続けるわずかな意識の中に、悲観的な妄想が、どんどん浮かび上がって来ます。。。

今までは、厳しい状況におかれていても、何とかプラス思考を保って振り返らず突っ走っていましたが、

さすがにこの高熱でウナされ続けて、すべてを否定するマイナスの思想が、いつものプラス思考をブチ破るように襲って来てどうにもならない状況でした。

走馬燈のように頭の中を駆け巡るここ最近の大変ツイテない私の数々のシーン。。。

そんなこんなで最悪な状況でしたが、、

ようやく峠を越えて回復して来たので、何とか、またあらゆる作業に取り掛かり始めました。

しかし、私は現在会社に所属してないので誰かに迷惑をかけることは無かったですが、、、

会社員時代だったら休んだ代償は大きいし、当然休めないケースもあったと思います。

昔のエピソードですが、前職で高熱を出した時の事、、、

重要な商談であったため、特攻薬を飲んで商談に臨みました。

本来なら40度近く出ていたはずのところ、クスリで抑えていたため?か、何とか商談事態は終わらせました。。

しかし、、商談中はハンパじゃない汗が滝のように流れ落ち、たとえて言えば、バケツで頭から水をブッカケられたような状況でした。

机上で対面しての当時40代の夫婦との商談打合せでしたが、その机の上も汗で大変なことになってました。

しかし、その夫婦は不思議なことに2時間くらい商談しましたが、一切その事にツッコミを入れることなく終了したのです。。。。

ちなみにこの夫婦は契約にはなりませんでしたが。。。。

とにかく体調管理だけは気を付けて、プラス思考でジックリと体勢を立て直したいと思います。


スポンサーリンク






Pocket