Pocket

今回は、チマタで評判の社会保険給付金サポート

>>給付金サポート【退職コンシェルジュ】

について解説します。

現在退職を考えている人、

もしくは失業保健を調べている人で

「働きたくない」「働けない」

「病気やうつで退職後が心配」

という人にも必見の内容です。

日本には失業手当の他に傷病手当金など様々な社会保険制度があります。

しかし実際は認知度が低く、こういった社会保険制度の有効活用方法をほとんどの人が知りません。

そのため社会保険料をきちんと納付しているにもかかわらず、

実際に活用する人はわずか1%未満とも言われています。

もちろん個々の状況により活用出来ないケースもあります。

しかし、

社会保険に1年以上加入している人
(派遣やパートでも社会保険1年以上加入で可能)

退職まで2週間以上の期間がある人

転職先が決まっていない人

であれば誰でも利用できる可能性があります。

まずは社会保険申請サポート(社会保険申請支援)とは何かをよく理解することが必要です。

社会保険申請サポート(社会保険申請支援)とは

失業保険や失業手当、失業給付という言葉は知っているかと思います。

しかし実際に利用したり、その他社会保険制度などについて理解している人はほとんど皆無です。

会社を退職した場合、自己都合で退職した人は失業保険(失業手当)の給付を受給できるまでに数カ月かかります。
(会社都合退職の場合は1カ月程度で給付されます)

実際に私も自己都合退職して失業手当が給付されるまでに約5か月かかりました。

社会保険に1年以上加入している人で退職までに2週間以上期間のある人であれば、

退職コンシェルジュによる社会保険申請サポートを受けられます。
(派遣やパートでも社会保険に1年以上加入していれば大丈夫です)

通常では約3ヵ月しかもらえない失業手当を

社会保険を利用することにより最大28カ月間延長

してもらうことが出来ます。

今まで支払ってきた社会保険料が原資となり手当金がもらえます。

社会保険給付金サポートがおすすめな人

もちろん誰でもこの社会保険給付金サポートがおすすめな訳ではありません。

住宅ローンや子どもたちの学費などの支払いのためすぐに転職(再就職)して稼がないといけない人にはあまりオススメ出来ません。

この社会保険給付金サポートは、

● 次の就職先をゆっくり考えたい

● 会社を退職後フリーランスや働き方を変えたい

● 自己スキルアップをして市場価値を上げたい

● うつ病など病気で退職後の生活が心配

上記のような人には特におすすめです。

実際に最大28カ月をもらう場合の佐藤さん(仮名)の場合は

というイメージです。
(※上記資料は退職コンシュルジェより引用)

注意点として失業手当や傷病手当金などの社会保険給付金を受けている期間は原則仕事が出来ません。

例えば居酒屋でバイトしたり派遣社員で働いたりなど労働をするには制限があります。

ただし、いわゆる不労所得系の収入

● アパートなどを所有している場合の家賃収入

● 株やFXなど投資関連の収益

● インターネットビジネスなどによる収益

に関しては労働の対価として得た収入ではないため問題ありません。

なので、上記のような不労所得があって会社を退職する人はかなり有利といえます。

給付金とのダブル収入により長期間自己スキルアップなどの自由な時間を得ることが可能です。

実際に私も2016年の年末に大手企業を自己都合退職しましたが、、

その時はこのような社会保険給付金サポートのことは全く知りませんでした。

当時の私は注文住宅の営業マンでした。

「家」という高額な商品をあつかい

神経をすり減らしてお客様と長期間付き合っていくことに疲れ果てていました。

会社に行きたくない。。

朝なかなか起きられない。。

など、、

20代の頃には無かったような半うつ状態が続きました。

最終的にその会社を自己都合退職した私は、

次の再就職先をゆっくり探しながら自己スキルアップをしていこう

と決意しました。

もしもあの時、この社会保険給付金サポートを知っていれば利用していたと思います。

社会保険給付金の申請は自分で出来るか?

実際にインターネットなどいろいろ調べてみると、

この社会保険給付金などを申請する手順が載っています。

しかしなるべく多くの期間社会保険給付金や失業手当金を受給したい場合、

まったく初めての人がネット等検索して見よう見まねで完璧に申請をマスターすることは大変難しいといえます。

社会保険給付金と失業手当を併用して受給するフローは

上記のようになっています。

しかし実際に個人が何のサポートも受けずに上記のフローのようにうまく給付金受給を完結することは難しいです。

社会保険給付金を申請する場合

まずは会社や社会保険組合へ申請を行います。

しかし細かい条件や申請方法が難しいため個人が自力で理解するには相当な時間と労力がかかります。

さらに会社や社会保険組合への申請が認可されないケースも少なくありません。

一度失敗して申請がやり直しになると次回からの申請が困難になる場合もあります。

その他にも行政とハローワークとの違いなど注意事項を下記に羅列します。

【行政とハローワークとの違い】
● 社会保険給付金は失業手当とは全く別です。
● 条件や申請方法が複雑なため社労士でないと受給は厳しいです。
● 退職前と退職後に満たすべき条件が相当数あります。
● 毎月申請しますが1度でも申請を間違えると給付金は止まります。
● 行政側からの案内は一切ありません。
● 注意点として条件を満たしていない場合調査されることもあります。
● 間違えた知識で臨んだため申請を断られることもかなりあります。
● 自力で申請すると半年以上かかることもあります。
● 引越し時に給付金を止められるケースもあります。

そのためプロの給付金サポートを受けず自力で申請するのは相当難しいといえます。

>>給付金サポート【退職コンシュルジェ】

巷で話題沸騰中!評判の退職コンシュルジェとは

今回は最近よくネット上でもよく見かけるようになった

社会保険給付金サポート会社の中で最も口コミ・評判の高い

>>給付金サポートの退職コンシュルジェ

について解説します。

この退職コンシュルジェは

最近3年間で1000名以上のサポート実績

があります。

いわゆる社会保険給付金サポート会社の老舗ともいえる企業です。

他にも同様の類似企業はありますが、そのほとんどが

「社会保険給付のサポート実績が少ない」

「サポートしてくれる担当者がいない」

「担当者がそもそも理解に乏しい」

など、、

多くのデメリットが散見されます。

この退職コンシュルジェにおいては

● 給付金サポート実績多数
 (3年間で1000件以上)

● 専用のオフィスを持っている
 (レンタルオフィスの企業が多数)

● 弁護士、社労士、医療法人と業務提携

● 満期受給後もしっかりサポート

● 通話・チャット・対面面談など万全サポート

● 経験と実績が豊富なためミスが無い

すなわち相当数の社会保険給付金支援企業が存在する中、

経験・実績・安心といった3要素

を兼ね備えた会社が少ないのが実態です。

以前、「退職代行」に関しても記事を書きましたが
(※こちらを参照下さい>>退職代行が失敗しない理由

こういった業態はあやしい会社も多数存在しているため優良企業を選定するのが極めて困難です。

少し話がそれましたが、、

今回の社会保険給付金サポートを利用することによって

● ゆっくり休んで次のステップを検討できる

● 再就職活動にじっくりと集中できる

● たくさん自己スキルアップの勉強ができる

● 家族との時間が増える

など、退職出来ずに悩んでいた金銭的な不安が解消され

有益な時間と金銭的に安定した生活

を手にすることが出来ます。

この退職コンシュルジェは、

【完全成功報酬制度】

のため、万が一給付金を獲得出来なかった場合お金はかかりません。

全て完結して給付金を受給出来た場合のみ成功報酬として

給付金総額の10%~15%

を報酬として支払うシステムになっています。

相談は無料なので、まずは無料相談にて

いくら給付金を受給できるのか?

を確認してみてください。

今回解説した社会保険給付金サポートの退職コンシュルジェは

下記から☟まずは無料面談をお申込みください!

>>給付金サポートの退職コンシュルジェ





【※5月5日追記】
退職したいけど会社に言いずらい!

という人は私の☟下記の記事をご覧ください

>>退職代行が失敗しない理由を転職のプロが解説


Pocket