Pocket

こんにちわ。トラジロウです。

ここまで、いろいろチャレンジしてきた自己スキルアップの取組みが、思ったように行かず、この先に大きな不安を抱き始めてます。。。

スポンサーリンク




7月は、転職エージェントとの面談や、転職サイトへの登録を積極的にドンドン行いまして、一気にその仕組みや、中身を理解することが出来ました。

ということで、今回は、今までの実践検証結果を、現段階までではありますが、途中報告として、書いてみようと思います。

今回の実践検証に至るまでの経緯、及びコンセプト

今までは、ほとんど連絡の来なかった2社の謀転職サイトしか登録しておらず、何もしてませんでした。。。

※当初は、全くオファーが無いので絶望的でしたが、私の登録の仕方も、これらの転職サイトも、両方に問題があったようです。。。

なので、どうせやるなら、今月は、いろんなところを徹底的に実践検証してみよう!と考えました。

そこで、最大手のリクルートをはじめ、パソナ、インテリジェンス(2017年7月よりパーソルキャリア)、マイナビ、en転職、、、その他、軒並み、面談、サイト登録を行いました。

その結果、私のメールボックスには、

一日200~300件の様々なメールが来ている状態です。。。。

なるべく、ザッと目を通して、気になるメールはチェックするようにしてますが、かれこれ一ヵ月近くもこんな状態ですので、相当つらくなってきました。。。。

ネット検索で上位に出てくるような、よくあるマニュアル通りの

「転職エージェント・転職サイト徹底比較ランキング」

このようなサイトは、

宣伝広告だらけのカタログにしか見えず

そんなコンテンツは作りたくありません。

この手のコンテンツは、抽象的で、結局は表面的にしかわからないし、実際の踏み込んだところも、記事を作成している人の感情も、人物像さえもわかりません。

そもそも、作成者が、WEBに詳しい大学生、もしくはWEBに詳しくて時間のある主婦のように、

全く転職に縁遠い人が書いているかもしれません。。。

それでは、全く意味がありません。

なので、私は、アラフォー世代で私のような立場の人でも、おすすめのエージェントだけを、実体験を基に記事にしています

逆に、あまり良くない、、、、または勧められないところは、誹謗中傷は出来ませんし、記事にしても意味無いので、基本はほとんど触れてません。

※もちろんアラフォー40代世代にはダメでも、逆に20代の人なら全く問題無いかもしれませんし、建設不動産系はダメでも、外資系やIT系は強いかもしれないので、正解は無いと思いますが。。。

ということで、これらの事を踏まえて、記事を書いてますので、ご理解のほどお願いします。

実際に体験してみた転職エージェントで、おすすめだと思ったのは?

私が、今回面談を受けた転職エージェントで、良かった、おすすめだと思ったのは下記の2社です。

デューダ(DODA)

転職ならDODAエージェントサービス

転職サイトDODAで求人探し


パソナ(PASONA)キャリア

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】



これは、アラフォー40代で、職種を経験職からちょっと変えたいとか、そんなワガママを言っても、しっかりと時間を取ってくれて、話しもキッチリと聞いて対応をしてくれたということが、大きな要因です。

さらに、業種ごとの専任の担当者がいて、私の場合、建設不動産関連の担当者が対応してくれたため、業界に詳しく、私の過去経験した企業の事も、良く理解してくれていたため、話しがスムーズに進みました。

他にもいろいろありますが、詳細はこちらの記事をご覧ください。

デューダに潜入!実際に面談してわかった転職者満足度№1の実態とは?

パソナキャリアに潜入!実際に面談してわかった40代にもおすすめな理由

また、実際に当該会社に直接足を運んで、面談を受けてますから、受付だとか、歩いている社員だとか、事前段取り等の電話対応だとか、、その会社の雰囲気は、実際に肌で感じ取ることが出来ました。

なので、そういったことも綜合的にふまえた上で、客観的に記事にしていきたいと思います。

まず最初に抑えておきたい転職エージェントは、何といっても、やはり

リクルートエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

※リクルートエージェントは、リクナビネクストと合わせてこちらの記事をご覧ください。

リクルートエージェントに潜入!転職サイトのリクナビネクストも登録して実践検証!

リクルートエージェントは、実際に、業界最大手であり、転職と言って、一般の人が思い浮かぶのは、やはり「リクルート」だと思います。

そういった理由からも、求人数をはじめとする情報量やブランド力といったことは無視出来ず、登録必須であると言えます。

しかし、私も面談では、終始、紳士的に話しは聞いてもらえましたが、パソナやデューダと比較すると、面談時間がやや短く、熱心さといった部分では、標準的と判断せざるおえないところはありました。

リクルートキャリアは、20代~35才位までの、就職活動上特に問題のない世代だけ相手にしていれば、充分人材を確保できると思います。

なので、今後、40代専任部門とか、建設業特化事業部などが出来れば、アラフォー40代の我々にも、じっくりと時間を割いてもらえて、より有効になってくると思います。

以外に良かったのが、

JACリクルートメントです。

こちらは、まだ記事を書いてないので、☟下記よりご確認してください。
JAC Recruitment [ジェイ エイ シー リクルートメント]

JACリクルートメントは、ややイブシ銀なところでは、ありますが、外資系や、営業系を筆頭に、建設・不動産や、アラフォー40代世代まで、キッチリと対応してくれます。

実際に私を担当してくれたコンサルタントは、建設不動産チームの方でしたから、業種にも精通した担当がいます。

私の、活動は、今後も続きますので、変わる可能性も、追加になる企業もあるかと思いますが、現時点では、こんな感じでした。

※私の登録データから、「残念ながら、今回はお力添え出来ません」と断られてしまったところもありました、、、。面談は不可ですが、情報提供だけはしますといったところもありました。。。。(企業名は出しませんけど)年齢の壁は大きいと思いました。。。

実際に登録して使ってみて、おすすめ転職サイトは?

やはりリクナビネクストは、登録必須だと思います。

※リクナビネクストは、リクルートエージェントと合わせてこちらの記事をご覧ください。

リクルートエージェントに潜入!転職サイトのリクナビネクストも登録して実践検証!

他転職サイトでも同じですが、しっかりと初期登録を設定しないと、相当数が来てしまいます。

最初は、それでも、いろいろ見れて良いと思ってましたが、だんだんウザったくなってきます。。。

私の場合、建設不動産系なのに、日本郵政、外車ディーラー、アパレル他、意味不明な求人も、いっぱい来ます。

後でわかったのですが、これは、求人条件の設定を絞ることで対応出来ますので、実際にやってみてください。

グッドポイント

JACリクルートメントも、最初に登録するには、おすすめだと思います。

こちらは、上記の転職エージェントのカテゴリーでも書きましたが、面談までするのは面倒くさい。。。

または、まだ今すぐでは無いという人でも、電話相談で対応をしてくれます。

なので、転職サイト的な感覚で、まずは登録だけして使ってみるのも良いかと思います。

その上で、良い求人等があれば、担当者との面談をすれば良いと思います。

おさえておきたい理由としては、通常大手エージェント担当は、求職者担当と、求人を出している企業担当と分業体制のところが多いです。

しかし、JACリクルートメントは、双方を一人で担当するため、求人企業側の側面もしっかりとイメージしながら、我々求職者にアドバイス出来るので、より具体的で実践的なサポートが期待できるという訳です。

※ただし、こちらも、強いのは外資系や営業系職種といったところはあるので、当たった担当者によっては、アラフォー、40代で、アピール出来る職歴が無いと厳しいかもしれません。。。。(まあ、、どこでも同じですが、、、。)





ビズリーチは、年収600万以上の人であれば、まよわず登録必須のおすすめ転職サイトです。

こちらは、私的には、次世代転職サイトと言ってますが、今までの転職サイトとは違う新しい発想で、すごく有効ですし、私も登録してみて、大変重宝してます。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

即戦力採用ならビズリーチ!CMで話題の転職サイトに登録したその結果?

BIZREACH

転職エージェント・転職サイトまとめ。実体験で見えてきた真実とは

今回の、検証結果をまとめますと、ある程度、真剣に転職、就職を考えているのであれば、

⓵とりあえずは、転職エージェントに3~4社登録

➁転職サイトに2~3社登録

で,合計4~6社程度にアプローチしてみるのが良いかと思います。

いちおう分けてはいますが、転職サイトと転職エージェントの違いは、明確には難しいところがあります
(面談が出きる状態であっても、面談をせずメールで情報だけ受けとっていれば転職サイト的に使っていることになりますよね。。)

リクナビネクストに登録すると、リクルートキャリアにも登録するように促されたりしますし、転職サイトのつもりで登録していても、良い求人が出て、担当者と面談することになったりもします。

ただし、アラフォー、40代で、アピール出来るキャリアが特に無い場合は、ある程度、多数登録して様子を見た方が良いかと思います。

なぜなら、私が、建築経験ではキャリアがあったものの、異業種に行きたい、今までの経験業種はやりたくない、、と最初から伝えた場合は、かなり反応が悪かったです。。。

そこで、余計なことは、書かずに今迄の建築経験をキッチリ書くと、反応が良かったので、難しい部分はあります。。。

求人に関しては、大手企業を筆頭に、たとえばリクルートだけに、求人をお願いするといったケースは、少ないと思います。

企業側も、ほとんど、何社かに求人依頼を出しますし、ライバル会社に求人が出ているのを見たエージェントは、当然その企業に、自分の会社でも出させてもらうように、アプローチする訳です。

なので、私も、各エージェントから送られてくる求人は、ダブりまくってます

リクナビネクストも、転職サイトではありますが、提携エージェントオファーといって、登録しているエージェントから直接オファーが来ます。

そこでOKメールを返信して面談依頼をすれば、そのエージェントと面談出来ます。

これは、ビズリーチも同じです。

ビズリーチは、デューダのような大手から、その他中小あらゆるエージェントがヘッドハンターとして登録してます。

そもそもビズリーチはWEBサイト上のみ存在する転職サイトです。

なので自社専属の担当者はいません。自社の専有の打合せブースもありません。

すべて提携企業の転職アドバイサー(これをヘッドハンターと呼びます)が実質的には動いていて、求人依頼している多数の企業と求職者を融合させ、結びつけるWEBサイト上の転職支援サービスとなってます。

一度ダメだったエージェントであっても、ビズリーチのヘッドハンターからのスカウトで復活して、面談になったりすることもあります。(私はありました。)

なので、すごく合理的で、私的には、この発想は画期的ですし、まさに現代のグローバル化を象徴している転職サイトだと感心しました。

企業からの直接オファーも受け取れますと、各々セールスポイントのように謳ってます。

しかし実際は、ほとんど、どこのエージェントでも企業からの直截オファーのメールは来ます。下記の

⓵担当者からのおすすめ求人
➁提携エージェントからのオファー
⓷登録データから判断して自動的に送ってくるマッチング求人メール
➃事務局おすすめ求人メール

、、、といった感じで、同じようなシステムが、名称は多少違っても各エージェント会社で存在しています。

担当者に関しては、何を持って良し悪しを判断するかは、自分の境遇や、相性、タイミングなどによって全然違います。

世の中は一長一短です。

例えば、相当数の求職者を転職に成功させていて、会社で表彰されている優秀なキャリアアドバイサーがいたとします。

しかし、裏を返せば、それだけ要領もいいし、会社としても、すぐ決りそうな優良な求職者は、その担当にまわす訳です。

なので、私のような、正直あまり条件が良くなくてナカナカ決まりそうもない求職者には、時間をかけられません。。。

しかも多くの担当する求職者を抱えてますから、事務処理や、面接会場への同行や、職務経歴書チェック、双方との日時の調整など、、、

多数の激務をこなしているわけです。

しかし、ダメな担当者だと、そもそも話をしてて、一発でムカついて話にならなかったりする訳です。。。

空気を読まず無理矢理勧めてきたり、話しを全く聞かなかったり、全然要望の違う求人を持ってきたり。。。。

あまり長くなってしまうといけませんので、この辺で終りたいと思いますが、

私と同じような、アラフォー、40代世代の人なら、今回の私のおすすめ転職エージェントを参考にして、

自分に合った担当を見つけることがベストだと思います。

まずは登録してみて、結構いけそうだ!と感じたなら、5社くらいでやめておいたほうが良いかと思います。

何でもカンでも送ってこられてしまい、求人情報メールだらけになって収集付かなくなってしまいます。。。。

逆に苦戦を強いられそうと感じている人は、数を打った方がいいと思います。

興味はあるけど、実際は転職はきびしいかな?と思っている人も、一度経験で受けてみることを是非おすすめします。

なぜなら、自分の市場価値を判断出来ますし、思わぬ可能性を見いだせたりしますので。。。

それでは、また改めて御報告致します。(^_-)-☆

本記事おすすめ転職エージェントのご登録は☟こちらから

【パソナキャリア大手綜合型転職エージェント】

転職ならDODAエージェントサービス

転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】

リクルートエージェント



スポンサーリンク




Pocket