Pocket

こんにちわ。トラジロウです!

ついに新会社トータルイノベーション、、しかもイワク付の特販リフォーム課へ配属された私と佐藤。。

倒産したグッドホーム株式会社の残党で形成された部署ということで、新築部門から来た私と佐藤は、初っ端から手厚い洗礼を受けました。





特販リフォーム課では、契約書や見積り書などの資料も、グッドホームで使用していた資料をほとんど引き継いで使っていました。

しかし、その入力方法他何も教えてもらえず、聞く人もいず、非常にやりにくい環境でした。

新人では無いものの、新部署では右も左も分からず、まずは何をどうしたらいいのか?

とにかく何もかもがやりづらい状況でした。。。

特販リフォーム課の異端児

新職場での居心地は非常に悪く、毎日出勤する足取りが大変重い日々が続いていました。。。

和気あいあいとした環境で働いていた新築部門の設計部時代が、大変懐かしく思われました。

相変わらず押し殺したような雰囲気の中、グッドホームの残党の社員たちは、決して積極的に話しかけてくることはありませんでした。。。

なぜそうなのか?理由は分かりませんが。。。

佐藤が昼休みに私に語ってきました。

佐藤、

「なんかさあ、、、なるべく俺たちに関わらないようにしてるみたいだね。でも、見積りの入力とか図面の入力とか全然わからないし、、、。」

私、

「そうだね。完全に無視されてる感じだよね。。。誰かが裏で指示してんのか?それとも新築部門からの出向社員ということが理由なのか?いづれにしても不自然でヤナ感じだよな。
でも、俺の隣の席の田岡係長だけど、ずっと休んでてまだ会ってないけど、どんな人なんだろうね?」

佐藤、

「昨日ちょっとだけ見かけたけど、なんかデカくて怖そうな人だったよ。絶対裏の人間だよ!しかも顔が傷だらけだったよ。恐くてあんまり見れなかったけど、、、。ケガしてるから休んでんのかなあ~。。」

私、

「え~。。マジで!俺の隣の田岡係長ってそんなアヤシイ人なの?超異端児っぽいね。。。」


田岡係長だけは、我々の配属日からもう10日経過しているにも関わらず、未だに見たことがありませんでした。。。

配属して初めての特販リフォーム課会議

配属して初めての特販リフォーム課会議がありました。

私と佐藤、そして特販課の課員全員で約10人ほどで行われました。

そこには、ずっと休んでいた田岡係長も出席していて、その風貌に私も佐藤も驚いてしまいました。

威圧的なオーラと圧倒的な存在感、、、大柄でイカツク、一言で表現するなら

裏社会の人間

にしか見えません。。。

しかも、顔が傷だらけで、目の白目の部分にも血が滲んでいる状態でした。

転んだりしたキズで無いことは明白でした。

そんな中、続木課長が田岡係長に語りかけました。

続木課長、

「田岡係長、とりあえずトラジロウ君の面倒をしばらく見てやってくれますか?彼はまだ特販課では慣れてないので、」


田岡係長、

「わかりました。それではトラジロウさん。今日から私と一緒に動きましょう!」


と、その白目部分がほとんど血で滲んだ目を私に向けて話してきました。

ちなみに、同期の佐藤は、特販リフォーム課の現場監督と続木課長に同行ということになりました。

続木課長も苦手なタイプですが、田岡係長は、あきらかにサラリーマンには見えないので、

また俺ってハズレかよ。。。っていうか怖いんだけど。。

、、、と新たなる不安をかかえて、その会議を後にしました。。。

田岡係長と私の連携の日々

異端児の田岡係長にお世話になるということで、大いなる不安を抱いていました。

同期の佐藤も、

佐藤、

「いや~、、続木課長も苦手だけど、田岡係長じゃなくて良かった!絶対ヤバいよあの人、、トラジロウ可哀そうだな~。」

、、、と同情されてしまう状況でした。。。

そんな中、

田岡係長が早速話しかけてきました。


田岡係長、

「ねえ、、、トラちゃんてさあ、、お酒は飲むの?」





いきなり予想外な質問と、今までの特販リフォーム課の署員には無い親し気な問いかけに、ちょっと戸惑いながらも、

私、

「、、はい、、普通には飲みますが。。。」


田岡係長、

「じゃあ、今日は六時過ぎには仕事上って飲みに行こうよ!歓迎会も兼ねて、いろいろ俺がよく行く店に連れてくよ!」

私、

「えっ!、、ホントですか?!あまりお金持ってないんで、、、高いところは勘弁ですよ。。」


田岡係長、

「大丈夫!心配しないでいいよ!全部オゴルから!」


、、、ということでその日は六時過ぎには田岡係長のお馴染みの居酒屋へ直行しました。

幸運にも、田岡係長は私を気に入ってくれたようなので、ある意味、何でも聞ける救世主が現れたと少々ホットしました。

ちなみに田岡係長も、元グッドホームの残党で、私より4歳ほど年上でした。

グッドホーム籍の社員は、全員係長籍という扱いになっており、私よりも給料が高いこともわかり、なんだかガッカリしてしまいました。

しかし、、、

とにかくその日は

居酒屋 → スナック → キャバクラ → キャバクラ

といった感じで、朝までオールナイトでしたが、全て田岡係長がオゴッテくれました。

おそらく二人で10数万円はかかったと思いますが。。。

田岡係長言わく、、

田岡係長、

「トラちゃんさあ、、お金なんてナントでもナルンダヨ!。俺はさあ、、、グッドホームが潰れる時に業者に過大発注して相当バックさせたりしたんだよ。もう潰れちゃう訳だからバレないしね!トラちゃんも現場監督とかやってたなら相当儲けただろ!」

、、、と、とんでもない事を言い出したので、

私、

「いや、、、私は一切そういうことはやってません。。まあ、、やってた人もいましたけどね。。」

田岡係長、

「ほんと~。。。勿体ないなあ。。どうせ給料だけじゃ遊べないんだから、トラちゃんも稼げるところは稼がなくちゃ!」


、、と酔っぱらった勢いもあるのか?私を信用しているのか?

そんなこと告白されても嬉しくも何ともありませんが。。。

いろいろとヤバイことを告白してきました。

昔から私は男女問わず、アウトロー的な人々に好かれてしまうことろがありました。。。

あまり嬉しくないですが。。。なぜでしょう?。。。。

特販リフォーム課配属から一か月が経過

結局、そんなこんなで田岡係長はヤバイ人なので、注意して付き合っていかなければなりませんでしたが、

四面楚歌だった私にとって、特販課でも一目置かれていて、存在感のある田岡係長と仲良くなったことは非常にプラスでした。

私にとって田岡係長は「危険な救世主」といった存在でした。

田岡係長の顔の傷は、やはりキャバクラで隣の席の客とケンカになって出来た傷であることが分かりました。

当初からケンカで出来た傷であることは明白でしたが。。。。

続木課長も含めて、元グッドホームの残党たちは、倒産時点で相当額のウラ金を入手したり、、

トータルイノベーション株式会社への転籍に関しても、いろいろと文句を言って相当有利な条件で転籍してきたこともわかりました。

新築籍の私と佐藤は、彼らより給料は低く、さらに、固定給部分も一年後には2万円の減額になることが発覚しました。

さらに、営業なので、歩合(報奨金)部分が重要になってくる訳ですが、なんと完工粗利額のわずか1%という、あり得ない設定となっていました。

グッドホーム籍の社員は、6%~8%となっていたため、例えば1000万円のリフォーム工事の場合の歩合(報奨金)は、

グッドホーム籍社員→ およそ15万円

新築籍の私と佐藤 → およそ2万円

、、とこれだけ手当が違う訳です。

社歴も、続木課長以外は私と佐藤の方が長いのにです。。。

入社してから、、もちろん良かったことも一杯ありましたが、、

給料体系に関しては、ほんとに嫌気がさしてしまっていました。。。。

しかし、田岡係長を突破口に、持ち前のコミュニケーション能力を生かして徐々に特販リフォーム課にも馴染んでいきました。

ようやく、、少しづづ、新会社にも慣れ始めてきた中、

また新たなる問題が勃発します!

いったい安住の日はいつ訪れるのやら。。。


次回>>第13話に続きます!





Pocket