Pocket

こんにちわ。トラジロウです。

今回、ある転職エージェントでの面談時にTOEICの話しが出ました。。。

このエージェントは、正直ハズレだな、、、と思いながらも、何ごとも経験なので、とりあえずは受けてみている状態でした。

今まで、かれこれ相当数の転職エージェント・転職サイトを実際に潜入して面談を受けたり、転職サイトを実際に登録したりして、実践検証してきましたが、

現状では、デューダ(パーソルキャリア)とパソナ(PASONA)キャリアが、アラフォー、40代世代の私には、一番総合的に良かったと思います。

もちろんリクルートエージェントも、上記2社ほどではありませんが、抑えておきたい大手エージェントであると感じました。

(総合的にまとめた記事は、あらためて後日、作成予定です。)

しかし、他では、話しにならないところも結構ありました。

なので、こちらも慣れてきるし、大体どんな感じになるかなどは、わかるようになってきました。

私の場合、良かったと思えるところしか、転職エージェントの名前を出さないというスタンスでやってます。

なので、今回の転職エージェントの会社名は伏せますが、さすが、あまりやる気が感じられないだけに、建設業界にどっぷり浸かってきた私に、いきなり英語関連の話題を振ってきた訳です。。。

スポンサーリンク




TOEICって何?

TOEICとは、調べてみると、、、(以下ウィキペティアより引用)

TOEICは英語によるコミュニケーション能力を評価する世界共通のテストとして開発された。テストの種類として、「TOEICテスト」、「TOEIC Bridge」、および「TOEICスピーキングテスト/ライティングテスト」が、TOEICプログラムとして実施されている。TOEICプログラム全体としては、2012年度には世界150ヶ国で実施され、約700万人が受験している。日本では、2013年度の「TOEICテスト」受験者数は約236万1000人となっている。TOEICテストの内、後述の「公開テスト」は日本では年10回実施されている。
TOEICテストは、聞き取り (Listening) が100問と読解 (Reading) が100問の計200問の構成となっている。設問は、身近な事柄からビジネスに関連する事柄まで、幅広くコミュニケーションを行う能力を測る目的で作られている。
評価は、聞き取りと読解でそれぞれ5点から495点までの5点刻みで行われ、合計では10点から990点となり、これらのスコアが認定される。スコアは素点による絶対評価ではなく、Equatingと呼ばれる方式を用いて統計的に算出される。これにより、評価基準が常に一定に保たれ、受験者の英語運用能力が同等であればスコアは一定であるとされる。

、、、となっていました。

私は現在、英会話を自己スキルアップの一環で、細々と続けていますので、TOEICは何となく解ります。

しかし、今まで様々な転職エージェントと接触してきましたが、アラフォー、40代で、なおかつ建築業一筋の私に、いきなり英語力を聞いてくるとは、とりあえずは適当に話題を振ってきてるんだな~、、、。と感じるとともに、担当者のやる気の無さをヒシヒシと感じました。

余談ですが、この転職エージェント担当との事前の挨拶電話の時に、

「そちらも、お忙しいと思いますし、、正直あまり、、、お勧めの企業を多数お出し出来る訳でも無いので、ワザワザ足を運んでいただいても逆にご迷惑かと思いまして、、、、」

、、などと、来てもらっても面倒くさくて困るから、電話ヒアリングだけで終わらそう的な感じが満載でしたが、私としては、とにかくいろいろな経験を積みたかったので、

「いえいえ、、、何ごとも勉強だと思っています。大丈夫です。ぜひとも面談に行かせて頂きます。」

、、と強引に有無を言わさず面談を確定させ、ノコノコとやって来て、こうして面談となってるので、まあ、、当然といえば当然です。

現状の英会話への取組み具合は?TOEICは受験すべきか?

私が現在、英会話に取り組んでいるのは、

1、WEB上の先生紹介マッチングサイトにて獲得した個人の英会話の先生
(都内企業に勤務の26歳フィリピン人のOL)
との週1~2週に1回程度のファミレスでのマンツーマンレッスン

こちらの記事を参照ください➡転職・求職中の今、スキルアップしたいこと:英会話編➁

2、車中で、いつも聞いているキクタンというCDでのヒアリング。
※約60分程度が2巻の英会話教材で、英語フレーズの後に、続けて自分でも発声していく教材
(ちなみに合計500回以上は聞いてると思います。。。)

3、NHKの大人の基礎英語という週に4回放映されている放送時間約10分程の英会話講座番組

4、都内の英会話スクールの無料体験レッスンあらし
※最近は、やりつくしてしまったので、しばらくは、もう出来ません。。。。

こちらの記事を参照ください➡転職・求職中の今、スキルアップしたいこと:英会話編⓷

上記の4番以外の1~3番をとりあえずは、続けてます。

とりあえずの目標はTOEICで600点!?

実際、現在でも、一級建築士と宅地建物取引士、さらには、住宅診断士他、、、いろいろと幅広く手を出している状態です。。。

アラフォー、40代のこの年で、こんなに勉強するとは思ってませんでした。。。。

そもそも若い頃は、勉強はあまり、、、というか全く好きではありませんでした。。。

私はその転職エージェントの担当に

「じゃあ、私はTOEICで、何点取れればいいんですか?」

と聞くと、

「う~ん、、そうですね、、やはり600点取れれば、建設関連の人なら充分アピールポイントになるでしょうね。」

「ちなみに600点というと、どのくらいのレベルなんですか?」

「だいたい500点がボーダーです。それ以下ですと全くアピールポイントになりません。600点あれば、文系の大学生で、まあまあ英語が得意な人のレベルです。なので英語が苦手な建築関連の人であれば、そこそこアピールになるでしょう。建設業でも2020年のオリンピックを視野に、社内で英会話の授業を行ったりする建設、不動産関連の企業も最近は増えて来てますね。」

などと、ちょっとだけですが、最もらしいことを言ってきました。。。。

本日のまとめ。TOEIC、じゃあ、、どうする!?

今回は、かなりハズレの面談ではありましたが、それは置いておいて、TOEICはじゃあどうするか?ということです。。。

せっかく今、英会話をそれなりに勉強しているし、TOEICって頻繁にテストが行われているようなので、10月に一度受けてみようかと思います。

もちろん今日初めてTOEICの話しが出ましたから、試験問題がどうなっているかとか、全くわかりませんが、確かにオリンピックもあるし、企業も、英語力を重要視し始めているのは確かだと思うので、なんとか頑張ってみようかと思います。

しかし、あまりにも、いろいろと手を出してしまっていますが、明確な結果は、まだ出て無いし、、このままドッチつかずのまま、、全部中途半端になってしまいそうな感じもしてます。。。

しかし、いろいろと転職エージェント関連を模索中ですが、アラフォー、40代世代で、異業種狙いの私でも、しっかりと対応してくれた優良転職エージェントは、

デューダとパソナが、ダントツで対応が良かったと思います

私と同じような境遇の方々!下記の2社はぜひ登録してみてください(^^)/ ☟

転職ならDODAエージェントサービス

転職サイトDODAで求人探し

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】



おすすめハイクラス転職サイト☟

選ばれた人だけの会員制転職サイト BIZREACH

BIZREACH



スポンサーリンク




Pocket