Pocket

こんにちわ。トラジロウです!

前回>>第41話からの続きです。

松本邸の最終商談時に突然のアクシデント!

お父様が救急車で運ばれてしまい商談は中止になってしまいました。

今月は東京西営業所の目標数字が半分も達成出来ておらず、、

全ては私の松本邸にその明暗が託されていました。

しかし、、もはや絶対絶命。。

意気消沈した私は半ウツ状態になっていました。

この会社を退職して転職活動か?と揺れる私。。

しかし孫娘に励まされて息を吹き返した私は商談が再開した時のための準備をしておくことにしました。




運命の月末最終日の前日に松本様から電話!

<杉崎事務員>
「トラジロウさん!
3番に松本様からお電話が入ってます!」

月末最終日を明日に控えた東京西営業所内に杉崎さんの声が響き渡りました。

今月の東京西営業所は明日の一日を残して目標達成率40%と最悪な状況でした。

その日はなぜか営業マンたちが全員そろっていて皆一斉に私の顔を見ました。

そんな中、私は3番を押して電話を取りました。

<私、>
「もしもしお電話代わりました!
トラジロウでございます。
松本様!お父様は大丈夫でしょうか?」

<松本息子>
「トラジロウさん。。
先日は本当に申し訳ありません。
実はあの後父が突然倒れてしまいまして。。
父は脳梗塞を患って以来、体力が無いため長時間身体を起こしていることがなかったんです。
でも、、今回は念願のリフォーム工事もいよいよ現実的になってきたということで、、
無理して体を起こした状態でずっといたものですから。。」

<私、>
「そうでしたか。。体調が悪いのにもかかわらず、、
無理して私とのお打ち合わせに付き合ってくださったんですね。」

<松本息子>
「ベッドに横にならずに椅子に座った姿勢で2時間以上頑張ってましたからね。。
私も父のそんな状態を気にかけてあげられずダメダメでした。。」


、としばらくはそんな話をしていましたが、、

ふと気づくと、、

長井所長を始め全ての営業所員が私のことを心配そうに見つめていました。

最近不調が続いている東京西営業所は本社から目を付けられていました。

そのため、もし今月未達成でしかも達成率50%にも満たない場合は大変なことになると予測されます。例えば、、


直行や直帰を禁止されたり、、

毎日営業所ミーティングを強要させられ分厚い報告書を作成したり、、

本社から頻繁に鬼部長が来て行動管理や叱咤激励されたり、、


いずれにしても負のスパイラルに突入することだけは間違いありません。。

なので皆が私をワラにもスガル思いで見ている訳です。

もはや現状で東京西営業所を救えるのは私しかいないのです。

こうして住宅業界の営業は常に数字に追われ、、

せっかく契約にこぎつけてもスタートラインに過ぎず。。

契約後はさらに辛い仕打ちが。。
(クレームとか利益率ダウンとか)

まあ、、

住宅業界の営業マンたちの悲しい宿命?!

とでも言いましょうか?

令和に突入した現在でも住宅業界の営業であればこういったことは未だにあるとは思いますが。。(^^;)

絶対月内契約!営業所のために、そして何よりも自分のために

<松本息子>
「トラジロウさんにご迷惑をおかけして大変申し訳無いんですが。。」

、と松本息子様が神妙な声で切り出しました。

その声のトーンに、


オイオイ、、ちょっと待てよ。。お断りか?


と内心かなり動揺しましたが、、

<私、>
「お打合せは引き続き継続しても大丈夫でしょうか?」

すると、、

<松本息子>
「イヤ、、父はもう家に帰ってきて何とか大丈夫なのですが、、
少し商談のトーンを落としてゆっくりと進行していこうかと思います。
やはり大きな買い物ですからね。」

その言葉に一瞬ホッとした私でしたが。。

しかし今月契約にならないと来月はどうなるかわかりません。。

何しろ東京西営業所は絶対絶命の崖っぷちなわけです。

さらに私自身の営業数字も2カ月前に契約した末期ガン患者の小橋邸が今月解約になるため遡って未達成になってしまいます。

そうなれば流石にこの会社を退職して転職するしかありません。。

私は覚悟を決めて冷静に松本息子様に語りかけました。

<私、>
「松本様、実は前回打合せをさせて頂いた内容の変更見積りや仕様書、その他全ての資料は万全を期して作っておきました。
なので松本様さえよろしければ工事請負契約を交わせる状態になっています。
今度はお父様にご負担をかけないように横になった姿勢でお打合せ出来るようにして頂ければと思います。」

<松本息子>
「トラジロウさん!ご配慮有難うございます。
しかもあんな状態で我が家のリフォーム計画事態が飛んでしまうかもしれないのに。。
ちゃんと修正した見積りや仕様書など準備して頂いたことには大変感謝します。
しかし、、、
そこまで急がなくても来月一杯くらいで契約出来るところまでいければいいのかと思ってます。」


万全の準備が出来たのは孫娘に励まされたオカゲなんだけど。。

いずれにしても来月じゃ意味無いんだよ。。

オレもさすがにこの会社退職して転職活動するよ。。

、と様々なことが頭の中で交錯しましたが、、

しかし今は松本邸の高額リフォーム契約を月内に締結することだけに集中しなければなりません。

精一杯やり切った上で契約に至らなければそれが運命だと思ってスッパリと退職しよう!

そして今度はジックリと転職活動をして身の振り方を考えよう。。

、と意外に冷静な自分がいました。

その時、営業マン魂?に火が付いた私は松本邸契約に向けたクロージングトークを開始しました。

<私、>
「松本様。一つ質問をさせてください。
松本様邸の今回のリフォーム工事は弊社新光クリエイト、、
そしてワタクシ真山虎次郎へお任せして頂けるということでよろしいでしょうか?」

営業マン魂炸裂!究極のクロージングトーク開始

突然の私の言葉に少し戸惑った様子でしたが、、

<松本息子>
「、、もちろんです。。
はじめて我が家にペアガラスの見積りでお越し頂いた時からトラジロウさんには他に無いオーラを感じていました。
体調の悪い父の最後の希望であるリフォームを任せられるのは御社しかないと思っています。
今回父があんなにのめり込んでトラジロウさんの説明を聞いていたのには正直驚きました。
すごく嬉しかったんだと思います。
それが証拠に無理しすぎて救急車で運ばれてしまったくらいですからね。」

<私、>
「有難うございます。
営業マン冥利に尽きるお言葉を頂き感無量でございます。
そこで松本様にお願いがあります。
工事請負契約だけは今月中に締結させて頂けないでしょうか?」

<松本息子>
「、、どうしたんですか?。。
そんなに契約を焦る必要があるんですか?
もちろん御社にお任せするつもりはあります。
しかし、、
明日中に2800万円の工事請負契約まで締結するのは。。」

<私、>
「唐突に申し訳ございません。。
実は今回、最初に訪問させて頂いた段階から松本様ご家族には私も大変好印象を抱いておりました。
やはり以心伝心、、というところでしょうか。。
高額なリフォーム工事はクレームやトラブルが大変多いです。
なのでお客様と担当者の相性や信頼関係は最も重要な要素です。
それと今月は3月という期末決算の時期でもありますため今回提示の2800万円は3月契約を前提に稟議決裁を通した特別価格になっています。」

<松本息子>
「そうですかあ。。
確かに3月と9月が決算で期末な会社が多いですよね?
じゃあトラジロウさんは会社の期末決算も利用して特別価格で出してくれているということですね。」

<私、>
「その通りです。特に今回のような高額契約の場合はかなり念入りに見積り金額を下げる努力をします。
もちろん強引に契約を迫るといった非紳士的な行為は私のポリシーに反しますので出来ません。
だからといってお客様が損をしてしまうのも見過ごせません。。」

<松本息子>
「う~ん。。そうですかあ。。
でも、、父も救急車で運ばれたばかりですし。。
ああ、、もちろん、、
御社で、、トラジロウさんで契約をするってことは決めてるんですが。。」

松本息子様は私が今営業所内で全所員の注目の的になっている状態で電話しているとは夢にも思っていません。

とにかく私が松本様と電話でやり取りしているシーンを長井所長はじめ全ての所員が見守っているため超プレッシャーです。。

しかしあと一歩の感じでも今月中の契約は厳しそうな状況だと悟った所員たちからは失望感?オーラがちらほら出初めていました。

松本さんとの人間関係は完璧に確立されてんだけどなあ。。

奥の手でイクしかね~か。。

万を持して私は究極の営業トークをブツケテ見ることにしました。

<私、>
「松本様、、わかりました。
どうしても今月中に契約しなくてはならない理由がもう一つあります。
これは松本様ご家族が私に大きな信頼を寄せて下さっているという前提で腹を割ってお話し致します。」

<松本息子>
「えッ、、もう一つの理由とは何ですか?。。」

<私、>
「もし今月中に松本様邸の工事請負契約が締結出来なかった場合、
来月、私はこの会社にはいません!」

次回>>第43話に続きます。

※ベンチャー企業奮闘記は毎週日曜日更新です!


※人気記事は☟下をご覧ください

>>デューダへ潜入!実際に体験した私の面談シーンを公開!全ての年代で転職者満足度一位!

>>パソナキャリアへ潜入!実際に面談してオリコン2019満足度一位の真相究明

>>転職エージェントを実際に利用した厳選レビュー総まとめ

>>顧客満足度2018年度1位!究極の転職エージェントの真相を究明

>>ビズリーチのプラチナスカウトでいきなり社長面接!その行方は?

>>評判の退職代行が失敗しない理由を転職のプロが解説

>>20代フリーター、未経験、ブラック企業から転職など就職成功率80%超え!

>>初心者おすすめ英会話教材ネイティブイングリッシュ購入体験レビュー


Pocket