Pocket

こんにちわ。トラジロウです!

前回>>第94話からの続きです。

長井所長がやけに神妙な顔で私に話してきました。

その内容は柳沼主任に悪いウワサがあるということでした。

私は柳沼主任のことを大変信頼していました。

なので大変ショックを受けました。




長井所長が耳にした黒い噂

<長井所長>
「オマエのチームの柳沼主任だけど、
ちょっとブラックなウワサがあってな!
柳沼主任について何か知らね~か?」


私はすぐに聞き返しました。


<私、>
「えっ?!、、
、、どういうことですか?
柳沼さん、何かヤバイことしてるんですか?」

<長井所長>
「うん、そうなんだ!
最近、柳沼あてに電話かけてくる客の中で、
以前工事してもらったって言うんだけど、、
顧客登録が無いことがあるんだ。」

<私、>
「えっ?!、、
それって、、どういうことですか?」

<長井所長>
「たぶん、柳沼のヤツ、
ウチに問い合わせしてきた客を自分で請けちゃってんじゃね~か?」

私はそれを聞いて言葉を失いました。


柳沼さんが自分で工事を請けてる?!


何となく私もオカシイとは思っていましたが。。

もしそれが本当であれば相当ヤバイことです。

弊社に問い合わせしてきたお客様に対して会社を通さずに自分で工事を請け負うということです。

もし、その工事代金を直接自分に振り込ませていたとすれば、、

当然ながら懲戒免職になるほどのことです。

刑事事件として横領等で逮捕される可能性もあります。

えっ、、まさかあの柳沼さんが。。

あんな善良そうな人が。。そんなっ。。

私は頭の中が大パニックで放心状態になりました。

しばらくの間、何も語れず呆然と立ち尽くしていると、

<長井所長>
「オイっ!トラジロウ!
大丈夫か?、聞こえてるか?
とにかく今、本社の方でも内密に彼を調査してる。
最近の彼の行動でオカシイところがないか教えてくれ!」

ようやく我に返った私は柳沼主任のことを思い出していました。

500万円もの契約をゆずってくれた黒沢様も、

キッチンから水漏れしたという石本様も、、

たしかにOB客のハズが顧客登録がありませんでした。

しかし私が疑問に思ったのは黒沢様です。

もし柳沼主任が自分で工事を請けた客であれば私に紹介するでしょうか?

私に紹介すれば自分のやったことがバレる恐れがあるわけです。

それなのに、、

なぜ黒沢様の契約をゆずってくれたのでしょうか?

もう一つの疑問はお客様だって立派な社会人です。

弊社新光クリエイトに依頼して担当が来ているのに、

その担当に直接工事をお願いしたりするでしょうか?

私は長井所長に返答しました。

<私、>
「いやっ、、今のところ、、
柳沼主任について特に私が気になったところはないですけど。。」

すると長井所長はケゲンそうな目で私を凝視したあと、

<長井所長>
「ふ~ん、、まあオマエもまだ青二才だからな!
柳沼がヤバイことに気付かないとはな!
でもオマエは責任者で今じゃ所長代理だ!
もし部下に何かあればオマエも同罪だからな!
よく覚えておけよ!」

、と、威圧感満載な、、

さすがパワハラ所長といった圧力で私を睨みつけたあと、

自分の席の方に戻っていきました。

ふざけんじゃね~よ!、、

オマエよりも柳沼さんの方が全然いいだろ!

ということでその日は一日気が乗らないまま、、

6時の定時で会社をあがって帰路につきました。

渦中の未登録顧客からの再電話

帰りの車中で私は柳沼主任のことを考えていました。

彼は年齢も私より5歳年上で社歴も長く、、

でも現在の私の役職がユニットリーダー(所長代理)なので、

役職上は私が上司といった関係でした。

私は入社した当初からパワハラ長井所長にあらゆる嫌がらせを受け、、

何度も会社を辞めようと思いました。

そんな時、彼はいつも私を励ましてくれました。

「トラちゃんは俺と違って超優秀だ!
だから長井所長も嫉妬してんだよ!
とにかく気にせず前向きに頑張ろう!
今日キャバクラおごるから元気だそうよ!」


といった感じで常に私を勇気づけてくれました。

他にも上田営業マンをはじめ、

長井所長以外の営業所員に助けられることはありましたが。。

そんなこともあり、

柳沼さんが本当にそんな大それたコトをやっているなんて信じられませんでした。

、突然、私の携帯電話が鳴りました。

車を路肩に停めて電話を見ると、

退職した杉崎さんの後に入社した新人事務員の加藤さんでした。

<加藤事務員>
「もしもし!トラジロウさんですか?
石本様というお客様が至急電話を欲しいそうです!」

<私、>
「、、んっ?!、石本さんって、、
もしかして柳沼さんのお客さん?」

<加藤事務員>
「そうです!
柳沼さんが全然連絡つかないってことで、、
真山さんって人が確か上司だったからって言ってました。
かなり怒ってて、、ていうかパニックってました!」


ということで私は石本さんに電話することになりました。

石本様は先日、キッチンから水が漏っていると電話してきました。

しかし担当の柳沼主任がいないと伝えると電話を切られてしまったお客様です。

電話をすると1コールで石本様がでました。

<石本様>
「この間の柳沼さんの上司の真山さん?!
柳沼さんが手配したっていう業者が来なくて困ってんだけど!
水漏れでキッチンが水浸しよ!
これじゃ生活できないわ!
とにかく今日中に何とかしてよ!」

、と、メチャクチャ怒っている、、

というかパニックっている感じでした。

でもこれで柳沼主任のことも聞けるわけです。

すでに自宅近くまで帰ってきてしまってましたが、、

住宅系営業マンであればこんなことは日常茶飯事です。

私は直ちに石本様の家へ向かいました。

もしも長井所長の言う通り石本様も柳沼主任が直接請け負っている客であれば、

石本様は私に会いたくないはずです。

なぜなら柳沼主任と直接工事をやり取りしていることが大っぴらになるからです。

しかし水漏れでどうしようもない状況。。

さらに頼みの綱である柳沼主任が手配したという業者は現れず。。

そのため最終手段で私に泣きついてきたと推測されます。

次号では、今回の一連の詳細が徐々にわかってきます!

次回>>第96話に続きます。

※ベンチャー企業奮闘記は毎週月曜日更新です!


※当ブログ人気記事は☟下記からご覧ください

>>デューダへ潜入!実際に体験した私の面談シーンを公開!全ての年代で転職者満足度一位!

>>転職エージェントを実際に利用した厳選レビュー総まとめ

>>ビズリーチのプラチナスカウトでいきなり社長面接!その行方は?

>>英語偏差値34だった私が独学で英会話の習得に成功した究極の2教材

>>評判の退職代行が失敗しない理由を転職のプロが解説

>>20代フリーター、未経験、ブラック企業から転職など就職成功率80%超え!

>>初心者おすすめ英会話教材ネイティブイングリッシュ購入体験レビュー

>>ハウスメーカー比較と選び方、ランキングについて住宅のプロが解説


Pocket